お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

勇敢じゃない恋の唄:前

リク小説「沖→桂前提の銀→桂、銀さんが嫉妬する話。新八&神楽つき」

時期としては、文通編と肉球編の間です。吉原編前の銀さんです。
「桂花美人」さまへの投稿一覧だと、「四月馬鹿」と「ひなげし」の間です。自覚した頃の沖田です。
銀さんは吉原前です。大事なので二度言いました。








 浮かれっぱなしが調子外れな歌を響かせながらやってきた。自分で自分の音痴っぷりに気づいてないのだから余計にタチが悪い。ジャンプのページをめくる手を止めてまで、銀時は耳を塞ぐ。
「駅から歩いて徒歩五分~実は走っても十分~~~♪
南向きの窓オーシャンビュー~実は北側墓地の側~~~♪
新築だぁってぇぇ謳ぁっていーてもぉぉ~~~
実はムカデとセアカゴケグモがっ出るっ出るっ出るっ♪」
「確か、あの歌出たの半年は前だよな………。」
 寺門通の、通算何枚目か知らないシングルが、まだ玄関の外だというのに部屋中に響く。お登勢あたりが怒鳴り込んでもいいだろうに、銀時には厳しい大家はあの歌には何も言わない。えこひいきか、諦めてしまったのか。
「銀さーん、神楽ちゃーん、こんにちわーーーっ。」
「うっせぇんだよ、落ち着いてジャンプも読めねーだろーがっ。」
「今日も良い天気ですねーっ。春ですね、らんまんですねーーーっ。」
 聞いてない。よっぽど何か、良いことがあったのか。或いは逆か。
「何だ、ついにお妙とゴリラの結婚が決まったか。」
「んなわけないでしょーが、何がどうなったらそういう話になるんですかっ。」
「いーことあったんでしょー。めでたいじゃないの、ゴリラとゴリラ女が結ばれるなんて………て嘘ですごめんなさい調子に乗りました。」
 珍しく本気で怒ったらしい、机を持ち上げて威嚇する新八に、今回ばかりは言い過ぎたと素直に謝る。
 退屈そうな顔でテレビを見ていた神楽が、寝そべっていたソファ(一人がけ)から体を起こした。
「つーか良いことあったならおすそ分けするアル。酢昆布か、酢昆布アルか。」
「良いことならあったけど、そういうんじゃないんだよ。」
「なら肉拾ったアルか。何キロアルか?」
「食べ物から離れようよ。」
「んじゃ何だよ、銀さんはいちご大福がいいです。」
「だから違いますって。」
 新八が取り出したのは、一通の手紙だ。差出人の名前を見て、銀時も神楽もつまらなさそうに息を吐く。
「きららちゃんからです。新しくできたお友達と、お花見に行ったんですよ、その時の写真をくれたんですよっ!」
「あわよくばそのお友達を紹介してもらおうって思ってるアルな、これだから発情期の駄眼鏡は。」
「んな下心、思ってないよっ!」
「言ってやるな神楽、あんだけフラグ立てといて、結局こいつはイイオトモダチの殻から抜けられねーんだ。ちょっとくらい夢見たってバチは当たるめーよ。」
「夢見たっていいじゃないですかっ! イイオトモダチから始まる恋だって、あってもいいじゃないですかぁぁぁっ!」
 絶叫する新八は、投げかけられる冷たい視線にふと我に返る。
「やっぱり下心持ってんじゃねーか。」
「しかも、痛い方向にアル。一度イイオトモダチになったら、抜け出るのはほぼ不可能ネ。」
「そ、それは………っ。」
 狼狽える新八の手から、写真が奪い取られた。二人して、この子は化粧がけばいだのこの子は服装が合ってないだの、論議を始める。
「あんたらピー子ですかっ、いいじゃないですか、女の子が一生懸命可愛くみせようとしたってっ!」
「見せる相手はおめーじゃねーだろ。」
「少なくとも、こんな冴えない眼鏡想定してないネ。気合い空回りだけどナ。」
 言うだけ言って、騒音公害の報復を遂げてから、改めて写真を眺める。
 まだちょっと固いながら、写真の中のきららはいい笑顔をしていた。後悔と申し訳なさで始終俯いていた半月前とは大違いだ。ああ責め立ててやったが、新八もこの笑顔を見せたくて持ってきたのだろう。
「つーかこっちの子、変な首輪してるアルな。」
「あーそれはね………。」
 それについての経緯は面倒なので、適当にはぐらかす。この子の将来が心配だ、がんばれお姉さん。
 どこの公園なのかは判らないが、背後の桜はきれいだったし、女の子達は春らしくおめかししている。が、銀時達の注意を引いたのは、広げられたお弁当だった。
「つーか、美味そうだよな。」
「おにぎりいっぱいアル。唐揚げも、卵焼きも姉御のとは大違いネ。」
「このカップケーキも作ったのか?」
「そうみたいですよ。きららちゃんもポテトサラダ作って、みんなに喜んでもらえたって。」
「たこさまウィンナーはないみたいアル。これじゃ花見のお弁当とは言えないアル。」
「「「………………。」」」
 しばしの沈黙の後、はぁぁ~~と盛大なため息がもれた。それに合わせるように、定春もあくびをする。
「花見、行きたかったアル-。」
「今年は文通騒ぎでタイミング逃したしなぁ。」
「………すみません。」
 三人で、額を付き合わせてがっくりとうなだれる。
「………まぁ、また真選組なりなんなりの邪魔入っただろうし?」
「つーかあれからまともなお花見してないアル。」
「アニメだと、ジャンプフェスタ05と125話で二回やらせてもらいましたけどね。」
「つーかそれ秋じゃん、季節感まるっと無視じゃん。花見やった感じまるまるないじゃん。」
「一度やったネタをまたやっても新鮮みがないアル。」
 僅かに上げた顔をまた俯かせ、再びため息をつく。
「たまにはのんびり花見したかったなー。」
「屋台のたこ焼きもお好み焼きも焼きそばもイカ焼きも食べたかったアル。」
「つーか団子でしょ。綿飴でしょ。リンゴアメでしょ。チョコバナナでしょ。」
「それだけ食べるお金がそもそもないですよ。」
 三度、ため息がこぼれ落ちる。そのまま三人とも、ずるずるとテーブルの上に突っ伏した。別に行かなくても死にはしないが、行かないとなると何となく物足りない。遺伝子の為せる技である。←神楽は関係ない。
 そこへ。
「ごめんくださいー。銀時君いますかー?」
「ヅラアルっ!」
 チャイムとともにかけられた声に、神楽は今までのぐだぐだが嘘のようにすっ飛んで行った。新八もそれに続く。銀時だけは顔も上げず、ソファへと寝っ転がる。
「こんにちわリーダー、息災か。」
「お前こそ、頭の調子は大丈夫アルか?」
「こ、こら神楽ちゃんっ。」
「うむ、お陰さまでな。ただ、エリザベスの調子が最近おかしくてな。春だからかもしれんが。」
「春関係あるんですか。」
「なんかこう、温かくなって頭がのぼせたりするだろう。」
 そりゃおめーだ。相変わらずアホなことばかり言いやがって。
 銀時がそう心の中でツッコんでいる間に、お土産の贈答が行われたらしい。キャッホウと歓声を上げた神楽が、踊りながら居間に戻ってくる。
「さくら餅アルーーーっ。キャッホウゥゥ!」
「んだと神楽、おめーまさか全部一人で食う気じゃねーだろーなぁっ。」
「お出迎えにも出ない銀ちゃんに、これを食べる権利はないアル。」
 どたばたと、テーブル越しに桜餅を巡っての攻防が行われる。その間に、湯飲みと急須を持った新八が、桂とエリザベスと共に入ってきた。
「あーあ、何やってるんですか二人とも。」
「こら銀時、大人げないぞ。年下に菓子を譲ってやるくらいの懐も持たんでどうする。そんなことでは、日本の夜明けを拝むなど夢のまた夢だぞ。」
「んな夢見てるわけねーだろっ。寝言は寝て言えっ。」
 桂の頭をはたいている間に、神楽は包みを開いてペッペと唾を吐きかけた。
「あっ、テメェ何しやがるっ!」
「うっわー………。」
「リーダー、女の子がはしたないぞ。」
「これで銀ちゃんは食べられないネっ! さくら餅は神楽様のものアルっ!」
「ざけんじゃねーぞ神楽ぁ、この糖分王がんーなくらいで糖分を諦められるものかぁぁっ!」
 言うなり銀時はリーチを生かして神楽を引っ掴み、桜餅に唾を吐きかける。
「うぇっ。銀さんまで何てことをっ。」
「あーーーーっ、酷いアルっ!」
「先にやったのおめーだろっ!」
「銀時っ。大人げないとは思わんのかっ。」
「おめーは黙ってろヅラっ!」
『いい加減にしろ。』
 ごす。といい音を立てて、天パ頭にプラカードがめり込む。いざ桜餅を独り占めにしようとした神楽も、桂に言い含められてみんなに分けることにした。新八は辞退したが。
 当然のごとく桂は自分の分を神楽に譲り、エリザベスは桂に譲り、で、結局ほとんどを銀時と神楽で奪い合うようにたいらげる。
「それにしても桂さん、いつもすみません。」
「気にすることはない。バイト先でもらってな。」
「ちょ、マジかよどこのバイトだ紹介しろっ。」
「西郷殿のところだ。新年度のかき入れ時で、お前が来るなら姉さん方も皆歓迎してくれるだろう。」
「ならいーです遠慮します。」
「何だ、慎ましやかなのは日本人の美徳だが。良いのだぞ、遠慮せずとも。」
「遠慮じゃねーよっ。」
 思いっきりはたかれて、黒髪が宙を舞う。
「ヅラ、次は酢昆布を客に貢がせるアル。ご飯ですよでもいいネ。」
「わかった、次からはそうしよう。」
「いや、ホステスに酢昆布貢がせる客なんていないから。」
 新八のツッコミも無視して、神楽は大はしゃぎだ。
 かまっ娘の常連は、ヅラ子の電波っぷりにもう慣れただろう。今更、酢昆布くらいを要求したところで驚くまい。しばらく主食が酢昆布になりそうだ、と銀時はげんなりする。
 ふと桂は時計を見、立ち上がった。
「そろそろ行かねばならんな。」
「え、もうなんですか?」
「うむ。銀時、日本の夜明けについては、また明日語り合おう。」
「語り合わねーよこの先ずっと。とっととかえれ。しっし。」
「まぁそう言うな。また土産を持ってきてやろう。月刊攘夷とか。」
「いらねーよっ!」
 皿を顔面に投げつけられ、血をだらだらと流しながら桂は別れの挨拶を口にする。。手当を、と新八は言うが、時間がないからと断られる。
「これからまた、バイトなのだ。」
「またですか? かまっ娘の?」
「いや、今日は呼び込みだ。」
「ヅラ、稼ぎまくりあるな。」
「うむ。稼げるときに稼いでおかねば、いつまた邪魔が入るか判らんからな。」
 その言葉に、銀時は眉をぴくりと跳ね上げた。新八や神楽の方を向いていたはずの桂は、ひょいと振り返る。
「銀時?」
 まっすぐに向けられた琥珀から、つい目を逸らす。後ろめたいことなど何もないはずなのに、居心地が悪い。新八と神楽も、首をかしげてこっちを見ている。
「それではな。」
 ふっと、桂が笑った。踵を返す客人を子供達は送っていくと後を追う。玄関での賑やかな話し声に銀時は息を吐いて、立ち上がった。
「銀時。」
「銀さん、どうしたんですか?」
「うっせーよ。俺はただ、パチンコしにいくだけだからな。」
「そんな金があったら、子供達をちゃんと食べさせてやったらどうだ。」
「その金増やしにいくんでしょーが。」
 ぶすっと視線を逸らしたまま、銀時は桂を追い抜いて先に行く。後ろで、子供達がにやにや笑っているのが判って、イライラと小石を蹴った。



                                      ~続く~
[PR]

by wakame81 | 2009-04-16 23:52 | 小説。  

<< 勇敢じゃない恋の唄:中 池袋レポート。 >>