お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

一年目のカップル考察。その1。

Happy Birthday My Angel!!

松平のとっつぁんじゃありません、若布が今でも愛してやまない、贄の姫の星の定めを背負った戦士のマイエンジェルです。少年はみんな明日の勇者です。中の人は堀川さんです(ここ重要)

そんなマイエンジェルの誕生日とあわせて開設されたうちのサイトも、今日で一年を迎えることができました! ここまで若布とこのサイトを支えてくださった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。
誕生日シリーズ、無事二週目に入れてよかったー。ほかのシリーズは順調に遅れてるわけですが(爆)。

何か記念的なものをやりたかったのですが、時間的余裕もなく、何より2万リクが以下略ということなので(すいませんすいません!!)、開設当時と今のカップリングについて、だらだらと語ってみました。変わってないのもいますけどねー、エリーとか(エリ誕書いてびっくりした)。

まずはその1。別名ちょめ組(爆)。






◎高桂
ほかの皆様の設定と比較して、うちでは高杉の評価がかなり高いです。いや、桂評価が低いのか? 具体的に言うと、同い年設定なんですよ。でもって、桂さんより高杉のほうが、自分たちの関係を冷静に見ている。
少なくとも、春雨と付き合ってる自分の立場がどれだけ危うくて、自分人質にして桂さんを追い詰める手段に春雨が出てもおかしくないっていうのを、高杉はよく自覚してます。それをわかってて高杉は、春雨を利用しようとしてる。
桂さんの穏健派移行に関しては、同じ地獄を見て終戦後も同じやり方を選んだはずなのにどうして今になって穏健派に変われるのかとゆー苛立ちはあると思います。でも今は、それをわかって桂さんを後押しできると思う。無血革命ではできないこともある。春雨や幕府暗部を穏健派のやり方では何十年たっても追い出すことはできない。けれど、無血革命を掲げた以上、暴力という手段を桂さんはとるわけにはいかない。なら、自分がそれをやる。暴力でしか排除できないものを、自分が壊す。自分ごと。………だからドリーム入ってんのはわかってますって(爆)。
ちなみに、最初にこの二人がちょめったのは終戦直後。高杉が桂さんにすがることで、銀さんも仲間も攘夷も何もかも失った桂さんは再び立ち上がるまでの存在意義をつなぐことができたかんじで。

◎沖桂
「年下に振り回される年上」から、「年下下克上」に関係が変化しました。
沖田にとって最初の感情は、「認めさせたい」なんです。斬りあいでも何でも。自分の手で振り向かせたい、泣かせたい、取り澄ました顔を歪ませたい。自分を視界に割り込ませたい。真選組として追うのもバズーカぶっ放すのも斬りあうのもちょめちょめも、日本の夜明けばかり見てる桂さんに自分を映したいがため。だから、「想うのも斬りあうのも同じ」になるんですね。
そして、想いの種類はどうあれ、大きさでは近藤さんに向けたもののほうが大きい。斬るべきときになったら桂を斬る。斬れる。だから今の関係も、近藤さんへの背信とは思ってないし、追うことに迷いもない。
そしてそれは、桂さんの側も承知してる。
沖田が手を伸ばすのは興味本位だと思ってるし、自分が手を振り払わないのは高杉を投影してるのが理由のひとつで、そのことも自覚してる。(だって沖&高の身長が同じで、雰囲気もかぶるところがあるんですよ。投影もしますよー。) 沖田がいずれは近藤さん選ぶし、自分をためらいなく斬ろうとすることもわかってる。斬られてやるつもりはないけど。
ただし、実際に沖田が桂さん斬って、沖田の腕の中で桂さんが息絶えたとき。沖田は初めて後悔すると思う。このことには二人とも気づいてはいません。
この二人がちょめに至るまでは、桂花美人様への投稿で書かせていただきました。原作に照らし合わせると、肉球編から吉原編の間かな。銀&高が最近手を出してこないので、沖田が一番ちょめってることになります。

◎坂桂
最近、黒もっさんがマイブームです(笑)。桂さんに対して精神的にブラックなだけじゃなくて、策士坂本が。あの戦時中に一人離脱して快援隊組織できるんだから、ただの阿呆じゃないはず。
桂さんや高杉を置いてったことは、申し訳なくは思ってます(うちの桂さん心狭いんで)。ただし、タイムマシンであのときに何回戻っても、同じことをやることもわかってます。なもんだから、余計に負い目っつーかそういうものは感じてます。
同時に、「天人を排除すること」しか未来の見えてなかった桂さんの視野がどんどん開けてきてることを嬉しく思ったりもしてます。だからこそのエリザベスだし、いろんな知識を吸収してほしくてその他にもたくさんお土産持ってきたりしてます。先生と生徒、もしくは兄弟子とおとうと弟子?
でも最近の桂さんの成長振りは目覚しいものがあるので、いざというときにはもっさん狼狽えればいいと思います(にやり)。11月は見てろよ。
一応この二人もちょめってますが、高桂の巻き添えで、いわば商談のようなものでした。時間軸だと終戦して再開したころ。京都編すすめたいです早く。もっさんはハグ大好きでしょうし、セクハラまがいのことも日常茶飯事にしてるでしょうし、桂さんから手を伸ばされたことを戸惑いつつも光栄と思ってるでしょうが、自分からは手を伸ばすことがあるのかというと、まだ不明です。京都編書いて掘り下げてからかな。

◎山桂(爆笑)
一年前は山崎くるとは思わなかったですよ。
つい出来心で、試験のあとに篭絡される山崎を書いてしまったら、それが脳内で確定したという(爆)。でも、アニメの実技試験のほうがすばらしくできよかったので、この話はお蔵入りになりそうですが。R18だし。ていうか、色仕掛けなくてもあそこまで見事に篭絡されると、わざわざうちでアップしなくてもーと思ったり(笑)。
試験の後、厠動乱編の一こま以外に出番のない山崎ですが、あの後こっそり党首とのつながりできてたら楽しいですね。以前某様のとこのチャットでお話したのですが、身内で閉じこもってる組に新たな風を入れられるとしたら、山崎かなと。あそこで党首の思想に触れる機会もできたし、「一歩さがって物事を客観的に見られる子」ですから。出番ないのもそれかなーとかまたドリームを(爆)。
ちょめったのは、試験の時一度だけです。ひどい押し倒し方した(党首が)せいか、山崎トラウマ持っちゃいましてね(笑)。とくにヅラ子に。

◎銀桂
私は銀さんへの評価というより高望みが過ぎるのかな?
高桂が「似たもの同士の相性バツグンの二人」なら、銀桂は「でこぼこで、欠けた部分がうまく噛み合う二人」に見えます。同じことができるんじゃなくて、互いのできないことができる二人。
桂さんの刀は、数百キロ先まで届く刀です。そのかわり、半径3m先を救うことができない。半径3mは銀さんの領域で、銀さんのやるべき範囲。
吉原編が、銀さんのやり方では救えない物語だと思うのは、今回神威が言ったとおり、鳳仙ひとり倒して日晴親子救ったとしても吉原そのもの、あるいは同じような天人の支配下で地球人が搾取されるという事実を救うことはできないからです。それは、桂さんの領分。
でも、銀さんは変えるきっかけを投じることができた。桂さんのようなカリスマから降り注がれる光じゃなくて、太陽になれない自分が地の底から這い上がろうとしている姿を見せることで、同じように地の底にいる吉原の女たちを奮い立たせることができた。すべてを救うことはできないけれど、きっかけは作れた。この火種を消すような嵐からは、今度は桂さんが守ることになると思います。
問題は、この桂さんの庇護下に銀さんが入っちゃいましてね? 竜宮編で見事な銀桂を見せてもらったにも関わらず、モンハン編で桂さんが銀さん守ろうとしちゃうんですもの。「銀時=一般市民の万事屋さん」って。でも、この吉原編で、一般市民でも歴史の1ページを綴ることができると証明してくれたわけですから。二人の関係は、また変わっていくだろうなと。
村塾トリオは、出発地点では三人一緒だけれど、戦争の闇の中で銀さんが光求めてどっかいっちゃって、闇に取り残された高桂と一方で迷子状態の銀さんという構図だったのが、銀さんが光に近づいているのに一人気づいた高杉が、桂さんをそっちに押しやろうとしているように見えます。………だから高杉に夢見すぎだっての。
何を言いたいのかというと、銀桂は「最後に帰りつく場所」なのかなと。
で。この二人のちょめが問題なのですよ(笑)。
紅桜の直後にちょめったのは脳内確定、連載開始から紅桜に至るまでは何もないのも確定なんですが。攘夷時代にどうだったのかが(笑)。ちょめってもいいんだけど、同時に桂さんが身売りしてたのがばれたら大騒ぎになるし。「鴉の濡れ羽」のプロットだと、「俺のかわいい小太郎」じゃなくて「狂乱の貴公子」になってく桂さんにすがりそうだったんですが、書きあがってみるとそれすらできなさそうなヘタレになってまして(爆)。


語りすぎでうざいですよこの中二海藻(爆)。しかも、ちょめなし組にまだ続くし。
[PR]

by wakame81 | 2008-09-09 16:56 | 考察めいたもの。  

<< 一年目のカップル考。その2。 第227訓。 >>