お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

午前9時52分。

テレビを見ていたら、急に生まれたネタ。見ていて吹き出しましたよ色々と。
銀時&桂。






『大変だ銀時、すぐに来てくれ。』ぷつっ。つーつーつー。


「で、何なのヅラぁ。急に人を呼び寄せたりして。しかもおめーはノンキにお絵書きしてるし。」
「ヅラじゃない桂だ。そしてお絵書きじゃない赤ペン先生だ。」
「はぁぁ?」
「あ、すまないエリザベス。」
『お仕事頑張ってください』
「や、仕事ってナニコレ。ていうかイチゴ牛乳ねぇのイチゴ牛乳。せめて茶菓子に大福とかもなかとかさー。」
「仕事中に食べ物などつまめるか、答案が汚れてしまうわ。………仕方ないエリザベス、確かゴマ煎餅が残っていたと思う。出してやってくれ。」
「えー銀さんもっと糖的なものがいいです。」
「少しは控えろ。それと食べ溢すなよ、答案が汚れないよう向こうの茶卓で食べてくれ。」
「へーへー。で、大変な用事って何。まさかこれ手伝えってんじゃねーだろーなぁ。」
「これは俺が引き受けたバイトだ。それに、近頃の中学生の勉強内容は難しいぞ、お前に解るか銀時。」
「難しいって、所詮円周率は3で覚えた連中のやってることだろーが。」
「第一、お前にエリザベスの滑らかなふおーむが描けるのか。」
「ふおーむって何フォームだろ。てか何勝手にマスコット白ペンギンにしてんだよ、アレカニとかタヌキとか決まってただろ?」
「これはアレだ、隠しキャラ的なものだ。まゆげのあるコアラのマーチのようにレアだと、今評判なのだぞ。」
「マジでか。つーかさ、バイト手伝えじゃなかったら、なんの用事なんだよ。」
「それがな銀時、先程テレビでやっていた血液型占いで、AB型が最下位だったのだ。」
「………へー………。で?」
「それで、暴走を止めてくれる友人と共に行動するといいと、言われたのでな。」
「………だから俺呼んだわけ?」
「そうだ。ちなみに、ラッキースポットは『和室で正座』だそうだ。心が落ち着くぞ、お前もやってみるといい。」
「いやそれすでに占いじゃないから。つーかさ、何それって。」





誘ってんの?


~Fin~
[PR]

by wakame81 | 2007-09-13 23:46 | 小説。  

<< 第73話。 ゆらゆら。~その裏~ >>