お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

あの約束の向こうで

179訓の、「乙姫の願いを知った時の、ジジィたち」を見ての妄想小説。てかややポエムちっく。てかテレパシー?
タイトルは、若布が尊敬してやまない、高屋奈月先生の「フルーツバスケット」131話より拝借いたしました。





「お前は変わってくれるなよ。お前を斬るのは骨がいりそうだ。まっぴら御免こうむる。」
「ヅラ。お前が変わった時は、俺が真っ先に叩っ斬ってやらァ。」



 この国は、あの人を必要としなかった。
 この国は、誤っている。
 だから。壊そう。間違ったものを正すために。

 それを最初に言い出したのが誰だったのか、もう覚えていない。最初から、覚えていなかった気もする。
 あの時、三人とも同じように感じていたから。
 言い出したのが誰でも、結局は同じなのだから。



 ………結局。
 自分たちは、誰が一番変わってしまい、誰が一番変わらなかったのだろう。

 俺じゃねぇの?
 愛と糖分の戦士は今でも健在よ?

 貴様が一番変わった気がする。
 確かに昔も、抗議の最中に爆睡するようなぐーたらだったが、拍車がかかっている気がするぞ。再会してから思うことだが。
 変わらぬのは、そのふわふわした天パだけか。

 悪かったなぁ俺だって天パがせめてもちっとマシにならねーかと色々苦労したんだぞ?
 てか、おめーはその嫌みったらしい口は変わんねーのな。
 それこそ変わって欲しかったけどな俺は。

 ………やはり、
 一番変わらないのは、彼奴なのかもしれんな。

 ちびなのもなー。
 結局アイツ、俺どころかお前抜かすのも不可能だったなー。

 いや、まだ判らんぞ。
 奴もこれから毎日牛乳を飲めば、もう少しは伸びるかもしれん。
 追い抜かされてやる気はさらさらないがな。

 20代も後半に入っちゃもうむりでしょー。かわんないよ、この差はもう埋められないよ神龍に頼まない限りむりだよ。

 貴様は縮んだではないか。
 今のお前を奴が見たら、喜ぶこと必至だな。

 アイツも縮みやがれ。
 てか、なんでヅラは身長変わんねーの。不公平だ、やり直しを要求するー。

 ヅラじゃない桂だ。
 仕方あるまい、普段から乱れまくっている貴様の食生活が悪い。
 酒と煙草ばかり飲んでいる彼奴も、縮んだかもしれんな、そう考えると。

 縮め縮め。
 俺より身長のある高杉なんて、高杉じゃねーよ。いや高すぎか。アレ? 高すぎになってる???

 ………彼奴は。
 ただ、深く、なっただけなのかもしれん。

 ………。

 あの誓いを、抱き続けるあまりに。

 かといって。
 俺らが変わったわけでもないでしょー?

 ………。

 あの誓いの根っこにあったモン。捨てたわけじゃねーだろ?

 ………貴様はラーメンをこぼして捨てたくせにか?

 おめーラーメン臭をなめちゃいけねぇよ。ニンニクたっぷりラードたっぷりよ、もうページもめくれなくてバリバリよ?

 貴様なんて物をこぼしおったのだ。食事中に本を読み出すからいかんのだ。ジャンプならまだしも、先生の教本なのだからもっと大事にしろ。

 飯の最中に開いた訳じゃねーよ、ドンブリ持って歩いてたらこけたんだよ。
 俺が飯時にジャンプでもねーもん開くわけねーだろ。

 尚悪いわ。
 思えば貴様は、そういう奴だったな。

 そ。変わってねーのよ、俺もお前も。ついでにアイツも入れといてやるか、仲間はずれにするとすぐ拗ねるかんなー。

 変わらぬ、か。

 変わんねーよ。
 銀さんがどんなにいい男になっても、ヅラがどんなに電波になっても、アイツがどんなに思春期よろしくぐれちゃってもな。
 根っこは、変わんねーよ。

(だから、これからも)


 遠い日の誓いの、根底にあったものを。
 あの船の上で、互いともう一人に誓い合ったことを。
 その、根底にある想いを。

 忘れずにいよう。
 どんなに時が流れても。
 どんなに変わってしまっても。



                         ~Fin~
[PR]

by wakame81 | 2007-09-09 22:22 | 小説。  

<< 180訓感想。 最後の夏休み・後 >>