お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

駒は差し手を仰ぎ見て

お久しぶりです(おずおず)。
前回から一ヶ月以上、ジャンプでもスケートでもいろいろありましたねー。
個人的には、週末の全日本選手権では小塚君がんばれと言いたいです。大丈夫、君は、三週間の調整で四回転を飛ぶ男だ……!!

んでもって、ジャンプです。
えぇ、いろいろと燃料をありがとうございます!!
すいません感想あげないで。でも、読んでます追っかけてます。そしてまさかこの展開とは空知せんせー凄すぎる。
うん、この展開だと桂さん出せない。何より、時間が足らない。
味方すら欺くような秘密の作戦があるのに、完全部外者の桂さんが情報を掴んで手を出そうとしてももう終わってるんですよね。銀さんの介入(囮作戦スタート)から、一日くらいしか経ってない。
紅桜の時に、真選組が動こうとした時にはもう終わってるのと同じなんですよねー。
ついでに、桂さんが動くには、やっぱり理由が弱すぎる。
桂さんには、幕府の中のもめ事を介入する理由が全くないんですよね。んでもって、一方の、銀さんに関しては、手を出さなくても大丈夫とゆー信頼があるだろうし。高杉に関しては、桂さんが首つっこむ方がこんぐらがる。
桂さんが将ちゃんをどうしたいか、を、明確に答えを明言しないと、動きようがないのが1番大きく感じます。ここで介入する=将ちゃんと組む、ですから。

しかしもにょもにょするものは有るわけで。
けれど、原作者側から明言がないなら、妄想し放題であるところが、二次創作の醍醐味ですね!
てことで、考えてみた。


もうちょっと早く出したかったんですけど、〆を考えてたら、どんどん出てくる情報が、ね。(遠い目)









 あの日のことを、桂はいつも、振り返る。
 外れた読み、倒れていく仲間達、これが最期とくくった覚悟は、生きろ、というその一言に覆され、けれど迎えた結末は、桂に、高杉に、そして銀時に身を抉るよりも深い傷を負わせた。
 弄ばれていたのだ、と、今ならば気づける。けれど、当時はそれができなかった。
 吉田松陽処刑の告知が、自分達をおびき出す罠だとは、理解していたつもりだった。だが、予想を大きく上回る数の敵と、潜まされた間者によって流された情報と、それによって逆手に取られる戦術と。あの戦いに至るまでの、数年間のすべてが、敵にコントロールされたものだった。
 一軍の将として、作戦の立案者として、責められるべきは自分だったろう。すべての責を負って処刑されても、それで誰かが、見逃されるなら、ともすら、思っていた。
 けれど、敵の思惑は、思いもかけない結末へと、松陽を、自分達へと誘う。
 すべてが手のひらの上だったのだと、自分達の命すら、想いすら、理想すら、ただの暇つぶしの玩具に過ぎないのだと、気づいたのは、師の命と引き替えに、三人ともが放逐された時だった。気づかざるを、得なかった。
 だから、桂は振り返る。
 決定的な楔を穿たれ、道を分かつしかなくなった、友の傷を理解するために。
 同じ過失を、もう二度と、繰り返さないために。
 そして、何より、今も自分達は手のひらの上なのだと、忘れないために。
 顔を上げる。そこにはない、遠い光景を、桂はありありと見ることができる。
 今度こそ。
 今までのような、すれ違い、掠め合うだけのものではなく。
 二人は、向かい合っているのだろう。
 銀時は高杉のやることを無視できないし、高杉は銀時の存在を無視できない。今回の件に、それぞれが関わっていることを知った時から、こうなることは定まっていた。
「馬鹿なことを」
 そう、呟く先に浮かぶのは、左眼を包帯で覆い尽くした幼なじみだ。
「貴様のその動きすら、手のひらの上だということすら、忘れたか」
 語尾が、溜息に混ざる。
 銀時はいい。駒であることを忘れてはいても、彼の望みに支障はない。奴は変わらず、己の手の中にあるものを、護ろうとするだけだ。ただ、その手の中のものは、いつのまにかまた溢れそうなほどに膨れていた。が、抱えきれなくなることは、もう、ないだろう。
 問題は、高杉だ。
 奴の望みを果たそうというのなら、本当の敵は幕府でも茂々でもない。その更に高みから、薄ら笑いを浮かべながら、地上を眺め降ろしている奴らだ。その視界に映るのは世界ではなく遊戯盤で、その手にはサイコロと駒が握られている。自分達もその駒なのだ、と。遊戯を面白くするための、道具でしかないのだと。あの戦いで突きつけられた事実、それこそが、高杉の、そして桂の敵なのだ。
「駒である事実を脱したと、思っているのか。まさか、忘れたわけではあるまいな?」
 無視のできない存在に膨らみつつある両者を、潰し合わせることができる。操り人形から脱却し、意志を持ち出した徳川茂々に、愚者であれと釘を刺すことができる。少しずつ、蒔かれていった、抗おうと、貫こうという声を、まだ小さな今の内に潰すことができる。己が身に寄生しようとする、春雨の牙を折ることができる。
 銀時と高杉が死合うことでの奴らのメリットが、軽く考えるだけでもこれだけ思いつくことができる。サイコロを握り、駒を動かすことに長けた奴らが、更にどんな思惑を持っているか。
「奴らを、愉しませるだけだと、何故判らん」
 恐らく、間に合わないだろうけれど。
「桂さん」
 ふすまを開けて現れた同志が、名を呼ぶ。
「一橋喜々が、」
 告げられた内容に、やはり、と頷く。
 先手を打って、暗殺や拉致する事を、躊躇わなければ良かったか。いや。
「これで奴らが一橋喜々を傀儡に仕立て上げ、徳川茂々を将軍の座から降ろすのなら、情勢はすっきりするな」
『いいのですか』
 エリザベスがそっと伺う。彼は、知っている。
 桂がどれだけのことを、茂々に期待していたか。
「構わん。ここを生き延びることができなければ、奴もそれまでの器ということ。生き延びるのなら尚更、共通の敵を持った者として都合が良くなる」
「坂田さんは」
 別の同志の問いに、桂は一度瞬いて。
「高杉が側にいる。だから、奴は大丈夫だ」
 そして、笑って見せた。
 この言葉の意味を知る者は、もう、いないのだと、改めて思う。その感傷を振り払うように、言葉を続ける。
「だが、春雨第七師団との連戦は、さすがにきつかろうな。ちょっと、お節介をしておくか」
 携帯電話を取り上げ、メールボックスを開く。徳川茂々の庇護者、江戸の守護者を自負するなら、情報を掴んでいてもおかしくはない。桂からのメールを、お節介と取るか、嫌がらせと取るか、或いは後手に回らざるを得なかった事の、せめてもの抵抗と見抜くか。
 あの狸親父なら、最後もあり得るか。
 浮かびかけた笑みを消して、皆の顔を見渡す。
「我らの手は、今回の件には間に合わぬだろう。だが、それで全てを取りこぼす訳ではない。むしろこれは、新たな始まりだ。情勢は既に動いている。情報も根回しも、今よりもっと重大なものとなることを心がけよ。迅速に、けれど決して、拙速になるな」
 部屋にいた全員が、引き締まった顔で頷く。
「忘れるな。我々の敵は、徳川茂々でも、一橋喜々でも、幕府でもない。戦うべきは、天に座し、地上を見下ろす者達だ」
 強い頷きが、返る。
「忘れるな。奴らにとって、我々は駒だ。今のこの決断すら、奴らの手のひらの上かもしれん」
 そんなことは!と声が上がる。片手で制し、言葉を続けた。
「奴らはずっと、そうやって地上を見下ろしてきた。俺達の抵抗など、暇つぶしに過ぎないと嗤うように」
 定められた、許された範囲の抵抗だったのかもしれない。師を喪った弟子達が、どう潰れていくのか、或いは噛みついてくるのか、それをただ観察されているのかもしれない。
「けれど、だからこそ、俺は戦い続けると決めた」
 駒だろうが、遊びだろうが、それを理由にすべてを見捨てることが、できなかった。駒であることを自覚しているからこそ、返せる刃もあるのだと、信じたかった。
「一つ間違えれば、敗北と屈辱と蹂躙を、再び繰り返すことになるだろう。それでも良ければ、ついてきてほしい、」
「「「行きます!!」」」
 言い切る前に、その決意が返される。その、若さにも似た熱さを、桂は眩しく思い、そして危うくも感じる。
(そうじゃない)
 その熱さが、突き進む力になるだろう。
 立ち上がった同志達を、改めて見渡して。そして、桂は頷いた。
「行くぞ」
 刀を握りしめる。振り下ろす先は、昔と何一つ変わってはいない。理想を、日本の夜明けを阻む存在、ただそれだけだ。
 そして、頭上を振り仰ぐ。シミの浮かぶ、板間の天井を通して、愉悦のまなざしをもって見下ろす影が見える。
「駒と侮るなら、構わん。その合間に、王手を取るだけだ」
 もう二度と、繰り返させはしない。
 その刃は、今もここにある。
 そして友の胸にも、変わらずある。



 そして桂は、取り戻す。
 同じ刃を持つ、もう一人の友を。
[PR]

by wakame81 | 2014-12-22 01:26 | 小説。  

<< 揺籃に雛は唄う 許してくれないのでしょうか。あ... >>