お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

高らかに、声をあげて~前~

君に捧げる歌をうたおう、的な。

ということで、我らが党首誕生日ですひゃっほう! アップぎりぎりになっちゃったよ、何で昨日、途中で寝落ちしたかな自分! でも、久しぶりにちゃんと、こっちで党首のお祝いできるよ!!
すいません、一昨年とかの誕生日シリーズは、夏コミあとに再開サセマス。


あ、本編でのネタが浮かばなかったので、スパコミに委託させていただいた、「ワンダーランドアフター」、つまりアリスパロです。

アリス→神楽
白ウサギ→神威
チェシャ猫→沖田
いかれ帽子屋→銀さん

ハートの女王→お妙さん
芋虫→土方

眠りネズミ→高杉
三月ウサギ→桂さん
双子→近藤&天知
ハートのジャック→新八

という、桂受なのに桂さんがヒロインじゃないという由々しき配役になってます。
あと、上四人はぷちきゃらランドシリーズ銀魂「不思議の国の銀魂さん」から、下五人は「ぷちきゃらで設定されてないのなら好き勝手に妄想していいんだよね!」との、独断と偏見で決まりました。
ハートの女王がエリザベスじゃなくてお妙さんで、土方の配役がトランプ兵から芋虫に変わっているのは、若布のうろ覚えによる勘違いでしたスミマセン。







「お?」
 木の上でのんびり昼寝を決め込んでいた沖田は、眼下を行く二人に、目を開けた。
「せっかく茶請けを用意してくれてるのだぞ、用事もないのにお呼ばれを断るのは失礼だろう!」
「頼んでねーっての。てかアイツだって、別に俺らが出なくても落ち込まねぇぞ?」
「そんなわけあるまい。第一、俺には茶会の茶を淹れるという使命がだな」
「お前がやらなきゃ適当にイチゴ牛乳でも淹れるだろうよ」
「そういう訳にはいくか!」
 よくやるよなぁ、と思う。高杉に至っては、首根っこ捕まれてずるずる引っ張られている状態だ。その様は間が抜けていておかしいし、あれを桂以外がやろうとしたら即刻叩っ斬られてるのだろうと思うと、何となく面白くない。
「よぅ、お二人さん。これからお茶会ですかぃ?」
 声だけかけて、姿を隠す。きょろりと二人は辺りを見渡して。
「何ふざけた真似しようとしてんだ」
 高杉の背後に現れた瞬間、刀が鼻先に突きつけられた。鞘のままなのは、桂がいる手前か。
「ほんのお茶目でさぁ」
 ひょいと退がる。舌打ちをして、高杉は刀を納めた。てか、日本刀持った眠りネズミってどうなんだ。
「チェシャ猫か」
「どーも。これからお茶会ですかぃ?」
「うむ」
 大仰に桂は頷く。その頭で、黒いうさ耳がゆらゆら揺れる。
「貴様も来るか?」
 いや来るだろうという無言の圧力に、沖田は曖昧に笑う。正直、あの糖分王を自称する帽子屋が、来客が増えて喜ぶとは沖田も思っていない。
「ま、呼ばれてますからねぃ?」
 だが、行ったら行ったで面白いものが見れるのは間違いないのだ。なので頷くと、ほれ見たことかと桂は高杉に向き直った。
「チェシャ猫も来るのだぞ。貴様が行かなくてどうする」
「別にどうもしねぇよ」
 言いながら、高杉はあくびを漏らす。めんどくさいとか俺は眠いんだとか、色々理由をつけはするが、桂が行く以上高杉も折れるしかない。
「じゃ、向かうとしますかぃ」
 途端、高杉の渋面がよけいに渋いものになる。
「テメェは空間渡れるだろ。先に行っていいんだぜ?」
「たまにはのんびり歩くのもいいでしょ」
「うむ、いいものだな。風も気持ちいいし!」
 昨夜は雨が降り、そして今森はみずみずしさに溢れている。鳥がさえずり、さわやかな風が吹く中、三人は帽子屋の店への道を歩く。
「こんな日は、外でのお茶会もいいな」
「めんどくさがるだろ、アイツが」
「旦那ならそうでしょうねぃ」
「なら、皆で準備を手伝えばいい」
 高杉の眉がげんなりと下がる。まず真っ先に、手伝わされるのは奴だ。沖田はというと、いくらでも逃げられるので、いいんじゃないすかね、と話を合わせる。
「てか、ずいぶんお茶会の手伝いするんですねぃ。招待状もだし。みんなに配ってるんでしょ?」
 定位置のない沖田や、森を抜けたハートの女王の城まで。
「うむ。俺はすばらしいと思うのだ。誕生日じゃない、何でもない日も、大切に過ごそうという、その気概が」
「だからそれは、いつでもケーキを食いたいっつー奴の大義名分だろ」
「それだけとは限らんぞ!」
「いや絶対それだけだから」
 沖田の心情を代弁するかのようなツッコミが入る。桂はム、と口を尖らせて、そんなことはない、と呟いた。
「前に奴自身が、そう言ったのだぞ」
「へいへい」
 憮然とした顔は、適当な答えを返されたからだろう。それでも何となく、沖田はそれが気になった。



 案の定、桂の後ろの高杉と沖田を目にして、坂田銀時はめっちゃげんなりとした顔を向けた。
「遅くなってすまなかったな。帽子屋」
「そうアルよ、早くお茶入れるヨロシ!」
 後ろから飛んできたのは、神楽の声だ。異世界の少女は、今日も元気に世界の壁を越えてご訪問らしい。
「すまなかった、今淹れるぞリーダーじゃないアリス」
 挨拶もそこそこに、桂はキッチンへ向かう。その後ろを、青いワンピースとかわいらしいエプロンをつけた神楽が、ついて歩く。
「つーか、沖田くんまで来るとか聞いてないんですけどー」
「旦那、今はチェシャ猫でさぁ。役名で呼ばねーと、三月ウサギに怒られやすぜ?」
「ま、いいや。入れよ」
 何故か珍しくすんなりと、銀時は二人を招き入れる。その時点で、高杉はイヤな予感がすると思ったらしい。そいつを口に出してもらえれば、空間渡って逃げたのに、とは後の祭りだ。
「あ、お二人とも。お久しぶりです」
 ハートとJの意匠の紋章を胸に、騎士姿の志村新八が客間にいた。そこでやっと、沖田も待ちかまえていた残酷な運命に気づく。
「おい。テメェがここにいるってことは」
「はい。姉上、じゃなかったハートの女王様からの、差し入れです」
 目をそらされながら、死刑宣告はなされた。十人は腰掛けられそうなテーブルのど真ん中に、大皿に盛られて、ソレは鎮座ましまししている。糖分王手づからの、ケーキ、クッキー、パイ、タルトほか甘党には定評のあるお菓子たちが、大皿から発せられるまがまがしいオーラに当てられて、しなびているようだった。
「ちなみに、ババロアだそうです」
「火を通さねぇもんが、何で真っ黒になるんだ……?」
 それが、ハートの女王の恐るべし能力なのだから、仕方ない。
 諦めて、テーブルに近づく。水パイプも取り上げられ、不機嫌な顔をした土方が、真っ先に目に入った。
「土方さん、ちーす」
「おう、来たか」
 視線だけで、笑う子も泣くどころではない。人死にが出るだろう。そこまで不機嫌な理由は、尋ねるまでもなかった。
「別にいいよー? みんなが食べなきゃ俺が食べるから」
「いいや、譲らん! お妙さんの手料理を一番食べるのは俺だ! ……ゥエップ」
「ウホウホ!」
 白いうさ耳を生やした神威と、共にブルーのオーバーオールを身につけた近藤&天地が、激しく言い争っている。
「毎回毎回、よく飽きませんねぃあの三人」
「近藤さんも、どうせ腹壊すの目に見えてんだから、引きゃぁいいのに」
「だったら、土方さんじゃなかった、芋虫さんが代わりに食ってやればいいんじゃねーですかぃ?」
「死ねってか、死ねってか!?」
「そこまでアルよ! ひれ伏すがいい愚民ども」
 騒ぎの中、桂と神楽がお茶を持って現れた。ある者はため息をつき、ある者は緊張に背を伸ばし、ティーカップに入った緑茶を受け取る。お城からの使者として、最初に新八が立ち上がった。
「えと、ハートの女王様から、『みんなで食べてね(はぁと)』だそうです」
 さすがに、副音声は口にしなかった。が、誰もが「口つけなかった奴は四分の五殺し」という声を聞いた。例外は、どこまでも鈍感な桂と、ダークマターを食べても平然としている鋼鉄の胃袋の持ち主の神威だけだろう。
 いつもと違う緊張感が、パーティに漂う。
「んじゃ、いっただっきまーす」
 真っ先に動いたのはやはり神威だった。ダークマターをごっそりすくい取り、頬張る。ゴリゴリと、ババロアではありえない咀嚼音に、場にいるほとんどが視線をあらぬ方向に泳がせる。
「何だ、ナッツの類でも入っているのか? プディングみたいだな」
「いや絶対違う」
「うおおおおおおおお! お妙さんの手料理、ひ、独り占めさせるかぁぁぁっ!」
「ウホウホ!」
「よせ近藤さん!」
 土方の制止も空しく、近藤もダークマターを口にする。一口目でバリっと音が響き、口を押さえて近藤はしゃがみこんだ。
「近藤さぁぁぁんんん!」
「芋虫侍。近藤じゃないぞ。とーとる、じゃない。といーとる…えっと、ざ・たっちだ」
「おめーも言えてねーだろぉぉぉっ!」
 後はもうカオスである。夏休みの宿題を先に片づけるかの如く、先にダークマターのノルマをこなせば、後は美味しく食べられるかもしれないが、その前に意識を保ち続けられるか厳しい。だが、先に銀時お手製のスイーツを口にしても、漂う障気が存在している以上、美味しく味わうなんてことができるわけもない。
 それでも何とか、(近藤という大きな犠牲を出しながら)、ダークマターは片づけられ、お茶会も無事に終焉を迎えようとしていた。
「くっそー……明日はぜってー、口直し作ってやるー……」
「あ、そうだ帽子屋」
 きれいになった机に突っ伏して呻く銀時に、けろりとした桂が手を挙げた。(その代償に、隣では高杉が死に瀕していたが)
「明日は俺は来られないからな。すまないが」
「「「「「はぁっ!?」」」」」
 皆の声が重なった。屍になりかけてた高杉すら、わずかに体を起こしている。
「え、ちょ、なんでっ?」
「今まで知らなくてすまなかった。どうやら、明日は俺の誕生日らしいのだ」
「「「「「はぁぁっ?」」」」」
 初耳だ。皆が固まる中、一人神威だけが、あ、そうだったと手を打つ。
「そういうわけだ。あぁ眠りネズミ、明日はお前がお茶を淹れてくれ。頼んだぞ」
「おい待てよヅラっ!」
「ヅラじゃない桂じゃない三月ウサギだ」
 失言かました高杉を絶対零度の視線で睨んで、「じゃ、バイビー」と桂は出ていった。後には、言葉もない面々が残される。
「そういやそうだったなー。すっかり忘れてたよ」
「オイ」
 のんきな声で笑う神威に、地の底から響く声が発せられた。神楽だ。
「なんでお前がヅラの誕生日知ってるアルか。ここの設定だと私も知らないのに!」
「こないだ、お城の書庫整理のお手伝いしたんだよ。女王様に言われて」
 ぴくり、と近藤が反応した。未だ屍なので、何でお前だけお妙さんにーと呻く程度だが。
「そしたら、予言書が出てきてさ。昔からのものだから、もう過去になった、みんなが生まれた日のもあったんだよ」
 ちなみに次に誕生日来るのはチェシャ猫だからね?と、にっこり笑顔を向けられた。まぁ別に、今まで知らなかったものに大きな興味もないけれど。その情報をどう面白いことに生かすかは、明日次第ということで。
「……どーするんですか」
 新八が、青ざめた顔を上げる。重ねるように、高杉がため息をつく。
「どうもこうもねぇだろ。テメェが大義名分掲げるから悪ぃんだ」
「大義名分じゃありませんー立派な正義ですー」
「ま、祝うのも今更だけどなぁ……」
 頭をがしがしと掻く土方に、神威がそうだねーと同意する。
「芋虫も俺も、こないだ誕生日だったけど祝わなかったしねー。今更じゃない?」
「おいそれマジか」
「マジだよ?」
 絶句しかけた土方が、頭をぶんぶんと振って銀時を睨みつけた。
「何だよ。知らなかったんだから仕方ないじゃん?」
「知ってても何もしなかっただろう、どうせ」
「なに、祝って欲しかったの芋虫くん?」
「おめーに祝ってもらいたかねぇよっ。ねぇけどなっ」
 顔を真っ赤にして、土方が怒鳴った。
「決めた。明日はぜってー、桂をお茶会に呼ぶぞ」
「は? どうやってよ。アイツ一回決めたら頑固だぜ?」
「どうやってもだ! おめーが誕生日なんか知らねぇって顔でのほほんとしてんのがムカツクんだよ!」
「ま、知っちゃった以上は何もなしって後味悪いですし」
「そしたら私の誕生日も、銀ちゃんじゃなかった帽子屋ケーキ作ってくれるアルかっ?」
「ほ、ほんぺんではてきどうしだがしかたない。ここでいわわないりゆうもないしな」
「ウホウホ!」
 新八も神楽も、それに乗る。近藤も、まだ半ば屍ではあったが。
 ツンデレの一人が言い出したのなら、その方向に動くのだろう。高杉はこの際、邪魔をしなければいい(そして桂が絡んでる以上、恐らく邪魔はしない)。
 問題は。
「えー帽子屋めんどくさいー」
 とか言ってるもう一人のツンデレを、どうすればいいかだけれど。
「じゃ、女王様にも伝えとくよ」
「「「「「それだけは止めてクダサイ」」」」」



                                     ~続く~
[PR]

by wakame81 | 2013-06-26 22:38 | 小説。  

<< 高らかに、声をあげて~後~ 夏の目白押し。 >>