お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

びんご! 後編

今年入って始末書大量生産中の若布ですシクシクこんばんわ。
一日空いちゃってすみません、びんご後編です。ちなみに、実話です。高杉=若布です。オソロシヤ








新八「みんな、目の色が違う……!」
銀時「いや辰馬それはビミョーだろ当たったって何も嬉しくねーよ結野アナだって誘っても来ねーよそもそも忙しいしな結野アナでも当たったらもったいないから誰か誘ってやってもいいけどンな奇特なもんに興味持つ奴なんてそうそういねーけど」
坂本「あっはっはー」
高杉「クックック、お膳立てにはあざといが、テメェにしてはよくやるじゃねぇか」
土方「いやちょっと待て、いいのか本当にいいのか俺!? 落ち着け、幾ら何でもそれはないだろそもそも誘っても乗らないだろういや乗るのか!?」
沖田「まぁ土方さんが当たったら最終的には俺のモンですし(ぼそっ)」
万斉「これはこれは、プロデュースが楽しみでござるな」
武市「本当なら、幼女のほうがいいんですけどねぇ。ま、確かに、ペアだと言うモノを無駄にするわけにもいきませんし」
神威「ところでそのステファンランドとやら、美味い飯とかあるの? もしくは裏で格闘トーナメントやってたりとか」
阿伏兎「飯はともかく格闘トーナメントがあるわけねーだろバカ提督。こういうのは、とにかく誘うことが大事なんですよってアンタに言っても仕方ないか」
桂「ステファン……たくさんのステファン……(きらきら)」
エリー『桂さん、ステファンならここに…だめだ聞いてない」』

 今ここに、男たちの暑き戦いの火蓋が切って落とされる!


銀時「えーなにコチュジャン? あの辛いやつ? いやご飯のお供はいいけどさ、肝心のご飯どーすんのコレ 普通甘いもんでしょこの流れなら」
土方「どの流れだぁっ。んなもんマヨかけりゃ食えんだろっ」
銀時「食えるかんなもん! こういうのは小豆とかの糖分で辛さを相殺してこそだな!」
沖田「安心してくだせぇ、どっちも犬のエサ以下ですからねぃ。そんじゃ次いきやしょーかぃ」
銀&土「「ざけんなゴルァァァァッ」」


神楽「佐藤のご飯五パックセットで足りるわけないアル! 米なら一俵持ってこいヨ!(むしゃむしゃ)」
土方「封開けて食いながら言うな!」
新八「てか神楽ちゃん、そのままで食べちゃだめだよ!」
神楽「私の歯ぁナメんじゃないネ、これくらいよく噛めばへっちゃらアル!」
桂「む、さすがはリーダー。よく噛むことで天地の神とお百姓さんへの感謝も忘れぬわけだな」
新八「感心する前にまず胃袋心配してくださいっ」


土方「…………」
沖田「よかったじゃねーですかぃ土方さん、んまい棒セットなんて美味そうだねぃ。ちなみにこれ、Kさんのご協力で入手しやした」
桂「Kさんじゃない桂だ」
土方「爆弾かよふざけんなぁぁぁっ!」
神楽「んじゃ私がもらうアル(もぐもぐ)」
桂「食べ物に対してふざけるななどと、罰当たりな奴だな」


神威「銀賞? んじゃ松坂牛で。何頭もらえるのかな。…え、200グラムだけ? ふーんケチなんだねぇ」
土方「お前も封開けるな! 生肉食うな火通すかマヨかけろ!!」
阿伏兎「やっぱ兄妹は似るもんかねぇ」
神楽「ちっとも似てないアルこんな馬鹿兄貴になんか! 私の方がいっぱい食べられるネ!」
神威「ふーん。俺から肉奪おうっての?」
新八「ちょ、止めようよ神楽ちゃん! てか見てないで誰か止めてぇぇぇぇっ」


西郷「ちょっとアンタ、鼻毛カッター寄越すってオカマになんか嫌がらせでもしたいわけぇ?」
沖田「滅相もないですぜ。まぁ土方さんがさっき、ぴったりだとかなんとか言ってやしたけど」
西郷「あぁ!? オカマなめんなぁぁぁぁっ!」(どげし)
長谷川「ぐへぁぁぁぁっ、何で俺ぇぇぇぇぇ…(ばた)」


近藤「お、銀賞だ。んじゃぁ美顔器!」
沖田「あれ? 近藤さん、さっき空気清浄機もらうって言ってたじゃないですかぃ。いけませんぜ、喫煙者甘やかしちゃぁ」
土方「いや…これは違う! 早まるな近藤さん、んなもん女に贈ったら、」
お妙「美顔器必要なくらい私の顔が崩れてるって言いたいのかゴルァぁぁぁぁぁっ!!」


たま「入浴剤をいただいてしまいましたが、機械の私では使うことができません。どうすれば……」
さっちゃん「じゃぁ私のと交換してあげるわ! うふふ、高級なミルク風呂の入浴剤、これを銀さんちのお風呂に入れて、私ごと一緒に……べぶっ」
銀時「交換した後のも入浴剤(百均)じゃねーか、やることねーぞ、たま」
お登勢「そうだよ、あれば私らが使うから」
キャサリン「マ、クレルト言ウ物ハ貰ウノガ礼儀デース」
お登勢「お前もたまの入浴剤を懐に入れるんじゃないよ」


九兵衛「マッサージ機? こんなに小さいのが?」
東城「いけません若、こんなのを手にとってはダメです、抗議してきます! もし、主催!!」
土方「んだよ、次のビンゴもう引くぞ」
東城「若にこんなものを渡して何のつもりですか!」
土方「何のってただのビンゴの景品だろ。ただの電動ツボおしだろ」
東城「私の目は誤魔化せませんぞ。貴方がたの魂胆は見え透いています。ツボおしに見せかけて、若が(ピー)とか(ピー)とかあまつさえ(ピー)にこれを押し当ててアンアンもだえちゃったりするところを想像して楽しむつもりですねこの下劣!」
九兵衛「下劣は貴様だぁあぁぁぁ(真っ赤)」


武市「おや、銀賞ですね。それでは予定通り、空気清浄機を」
万斉「有言実行とはさすがでござるな」
武市「えぇ、これで副流煙に気兼ねすることなく、お嬢さん方をお茶に誘えるというものです」
また子「晋助さま、これ返してきていいっすか?」
高杉「構わねぇぜ」
武市「ちょ! また子さん何をなさるのですぅぅぅ!!」


沖田「お、酒だ」
土方「……総悟の場合も、保護者が預かった方がいいんだよな」
沖田「えー。未成年ったって、初期の設定ですぜ。何年連載してるって思ってんですかぃ」
近藤「でも未成年だから! 第一総悟はそんなに酒弱くないでしょ、一升瓶なんて飲んだらダメ、ゼッタイ!」
土方「心配すんな、お母さん銀行みたいなことはしねーよ」
沖田「ま、今から漬けこんどけば俺が成人するくらいにはいい頃合いか」
土方「ちなみに、何つけこむつもりなのかなー?」
沖田「えー秘密に決まってんじゃねーですかぃ(黒笑)」


沖田「お、銀賞ですぜいとっつぁん」
松平「おーう、残りはなんだ、キャバ通い放題券かぁ?」
土方「違ぇーよ不良中年。娘の前で何言ってんだ」
松平「ほんのお茶目じゃねーかよ、なぁ栗子?」
栗子「サイテーでござりまする(ぷいっ)」
松平「うーん、思春期たぁ難しい年頃だなぁ。将ちゃんもそよちゃんには気をつけろぉ? そのうち、一緒にパンツ洗わないでーとか言い出すぞぉ?」
将ちゃん「心配ない。言い出す前に別々で洗っている(涙目)」
山崎「で、有機野菜はほったらかしですか?」


桂「ポッキーだと? 甘味か(渋面)」
銀時「んっんーごほんごほん」
神楽「ヅラぁ、いらないなら私に寄越すアル!」
桂「む、リーダーに言われたならば仕方ない。食べた後はちゃんと歯を磨くんだぞ」
神楽「わかってるアル!」
銀時「あ、ちょ…」
新八「回りくどいことしてるからですよ」
高杉「ククっ、ざまぁねぇなぁ銀時」
銀時「まだ上がってない人に言われたくありまっせーん」
高杉「(怒)」


土方「残り少なくなってきたな」
沖田「はーい、まだビンゴ上がってないかわいそーな人は挙手ー」
高杉「誰がかわいそうだと? 残りもんには福があるってもんじゃねぇか」
銀時「え、てか他にだれもいねーの? まだ特賞残ってるよ?」
新八「トイレットペーパーも残ってますよ」
沖田「あーそういえば、結野アナが仕事で欠席になったから、一個景品が余るんでしたっけ」
銀時「結野アナぁぁぁぁぁぁ(血涙)」
土方「で、残ってるのが高杉だけってことは」
高杉「ククッ、特賞は俺のモンってことだろ?」
沖田「えー、二つ残ってるんで、どっちかをくじで当てていただきやす。両手に一個ずつくじを持つんで、どっちか当ててくだせぇ」
高杉「まどろっこしいことしやがって。まぁいいさ、ククッ」
沖田「んじゃどっちでしょー」
高杉「……(熟考)(落ち着け俺、今こそこの左眼に秘められた力を解放するべきだ…ってんな設定あるわけねぇだろうが。いや、確率は二分の一。残りモンにも福があるってぇ諺もあるくらいだ。ここで特賞を引き当てねぇでどうする。ヅラだって、俺が特賞を引くのを待っているんだ!)」
銀時「おら早く引けよ晋ちゃーん。時間詰まってんだからさー」
沖田「んじゃ、みんなでコールでもしやしょうかぃ。それトーイレ紙! トーイレ紙!」
全員(桂含む)「「「「トーイレ紙! トーイレ紙!」」」」
高杉「(ククッ、ヅラも照れ屋だな。まぁいい、その謙虚さもヅラの美徳の一つだ。ククッ)」
銀時「つかマジで早く引けや。お店の人もビンゴに気兼ねしてデザート持ってきてくんないだろーが」
高杉「(ククッ、焦れ焦れ銀時。この俺が、特賞とヅラのハートを引き当てるところを、その死んだ目に焼き付けるがいいさ」
沖田「引かねーならこっちで勝手に引いちゃいやすぜー。えーっと、土方さん右で」
高杉「ククッ、焦るなよ餓鬼が。こっちだ(向かって右(つまり左)を指す」
土方「ったく、遅ぇんだよ。……(硬直)」

沖田「あ、トイレ紙だ」
高杉「なん……だと……?」

全員「「「「よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」」」」
沖田「んじゃ、これから残った特賞かけてのジャンケン大会やりやーす。ルールは簡単、全員で立って、土方さんとジャンケンして負けた奴とあいこの奴は座ってくだせぇ。最後まで残った奴が勝ちでさぁ」
土方「ちょっと待てぇぇぇっ。それじゃ俺が絶対に特賞もらえねぇじゃねーかっ!!」


ジャンケンの結果は無難に神楽になりました。
[PR]

by wakame81 | 2012-01-27 00:40 | 小説。  

<< 一生に一度? びんご!前編 >>