お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

びんご!前編

今日は寒かったですねー! 横浜東部でも危うく、雪が積もるところでした。友人Mさんより、むしろ夜になってからのほうが、路面凍って滑りそうでコワイとのことです。
皆さん明日は気をつけてねー!

昨日いってた、あちこちのサイトが警告出されて入れない件ですが。
どうやら、F2のメンテの影響じゃないかということで。今日は普通にどこも入れました。何だったんだ(笑)。
まぁ何事もなくてよかった☆

これ、カテゴリ小説なのか何なのか。元ネタは、去年の忘年会の実話です。
銀魂でも忘年会してみたよ!というノリでよろしくです。







沖田「それじゃぁそろそろお楽しみ、激辛たこ焼きルーレット、行ってみやしょうかぃ。十個中九個が激辛、残る一個がわさびてんこ盛りですぜぃ」
土方「100%ハズレしかねーだろっ! しかも企画違うっ。これからやるのはハズレなしビンゴゲームだ!」
沖田「だそうですぜぃ。ちなみに特賞は、土方さんを一年パシリにできる券でさぁ」
土方「んな景品ねーよ! …ごほん。今から沖田が抽選器を回し、俺が読み上げる。縦横ななめ、どれでも最初にそろった奴から勝ちぬけだ。上がった順に、くじを引いてもらう。特賞一つ、金賞一つ、銀賞と銅賞はそれぞれ五つある奴から選んでもらう。それ以外の番号が書いてある奴は、その番号の景品がもらえる。一人景品は一つずつだからな! 何本もそろったからって幾つももらいにくんじゃねぇぞ」
沖田「質問はありやすかぃ?」
銀時「はーい。お前らが抽選回すとイカサマされそうでいやでーす」
土方「誰がするかンなもん! 疑うならオメーがやってみろ!」
銀時「めんどくさいんでいやでーす。オラとっとと回せよ、時間押してんだろーが」
土方「んの野郎……(怒)」
沖田「オラとっとと回してくだせぇよ土方さん。時間押してんだろーが」
土方「……(怒)」

妙「何が当たるかしらね」
神楽「私、米がいいアル! もしくはご飯ですよ!」
新八「当たるといいね。豪華景品だっていうし、何があるのか楽しみだな。お通ちゃんのツアーチケットとかないかなぁ」

桂「いいかエリザベス。こういうものは、欲を出してはならぬ。無欲こそよい景品を引き当てる何よりの力となるのだ。決して、そば一年分とか期待してはならんぞ」
エリ『欲望まるだsわかりました、桂さん』

お登勢「まぁ無力の勝利っていうのはありうるさね」
キャサリン「ドウセコンナトコロノ飲ミ会デハ、大シタ景品ナンテ期待デキマセーン。スルダケ無駄無駄」
たま「しかし、とある企業の社長から予算が降りたと聞きました。或いは、極上オイル一年分などもあるやもしれません
坂本「アッハッハー呼んだかい? まぁうちの社の年間予算を全部つぎ込んだからの、期待してくれよヅラ」
桂「ヅラじゃない桂だ。だから期待などしてはいかん。信州そばの旅など俺は断じて期待してないからな」

高杉(ククっ。たいがいあぁいうのはペアチケットだからなぁ。俺が当てた暁には……)
また子「晋助さま、旅行券当たったらその……(もじもじ)」
万斉「まぁ夢が広がったぶんだけ、外れた時のダメージも大きいでござるがな」
武市「万斉さん、夢を壊すようなことを言ってはいけませんよ。まぁ夢見る少女にはちょっとほど遠いですが」
また子「うるさいっす外野ぁ!」

阿伏兎「ほら、団長食ってないで。ビンゴ始まっちまいますよ」
神威「(もぐもぐ)阿伏兎代わりにやっといてよ」
阿伏兎「やる気ねぇなぁ。つきあいって言葉アンタの辞書にねーんですかぃ」
神威「だって、天下一武闘会の出場券とかないんでしょ? だったら、ご飯食べてたほうがよっぽど有意義だよ(もぐもぐ)」

月詠「ほらとっとと始めろやぁぁ! こっちはさっきから待ってんだぞゴルァぁ!(ヒック)」
さっちゃん「ふん、負けないわよ。銀さんとのSM倶楽部券は渡さないんだから!」
晴太「つ、月詠姉ぇ落ち着いてよ……」
日輪「まぁ月詠たら楽しそう。晴太、この子きっと番号なんて耳に入らないから、ちゃんと気をつけてあげなよ。こういう時に甲斐性を見せるのが男ってもんだからね」

松平「いいこと言うなぁ、あのお姉ちゃん。聞いたか、将ちゃん」
将ちゃん「うむ。やはり城に閉じこもっているより、こうしてお忍びで外に出るほうがいろいろなことを学べるな」
松平「おうともよ」
将ちゃん「それでは栗子殿、見過ごしのないよう余が気をつけてしんぜよう」
松平「おーっと将ちゃん、それは俺の役目だぜい。だがそしたら俺のビンゴがおろそかになっちまうなぁ。そうだ、阿音ちゃんに見てもらおべしっ」
栗子「いっそ向こうのテーブルに行きやがれですわっ」

沖田「みんなモチベーションもあがってきたみたいですし、始めましょうかぃ」
土方「だな。よし、始めるぞ!」
近藤「がんばれ、トシ、総悟! できればペアチケット当ててくれ、お妙さんとの愛のためぐべぼぉっ!?」
山崎「きょ、局長!? 何だ今おちょこが!?」
土方「おい山崎、ちゃんと身を挺してかばわねぇか」
山崎「俺ぇぇっ!?」
沖田「ほら土方さん引きましたぜ。さぼってねーで発表してくだせぇ」
土方「……(怒)」



土方「次はBの7だ」
長谷川「ビンゴぉぉぉ! やった、俺一番乗り!?」
銀時「あれだな、この先十年の運を使い果たしたな」
沖田「んじゃ、くじ引いてくだせぇ。おすすめは38番のティッシュですぜ、しかもボックスじゃなくてポケットの」
長谷川「何その不吉なアドバイス! 銀さんも酷いよ、ここから俺の運が上がってくるんだよ!?」
銀時「地の底へ向かって?」
長谷川「それ下がってるぅぅぅ! くそぉ、見てろよ(がさごそ)」
沖田「はい皆さんコールどうぞ。ティーッシュ!ティーッシュ!」
全員「「「ティーッシュ!ティーッシュ!」」」
長谷川「くそぉぉぉっ! 来い特賞!!」(がばぁっ)
土方「……あ(汗)」
沖田「38番、ポケットティッシュおめでとさんー」
長谷川「なんでぇぇぇぇぇっ!?」
銀時「……何この子、怖ぇ」
土方「今更気づいたのかよ(ガタブル)」


土方「おら次行くぞ。Gの76」
新八「え、うそ僕ビンゴ?」
妙「やったじゃない新ちゃん」
神楽「お前やればできる子だったアルな! もしご飯ですよが当たったら私によこすヨロシ」
新八「え、何そのジャイアン理論。まあご飯ですよなら…」
沖田「安心しなせぇ、お望みのお通ちゃんグッズは何一つ入ってやしねーから」
新八「くじ引く前から望み絶たれた!?」
近藤「がんばれ新八くん、君には俺がついてゲフォォっ」
妙「疫病神が憑く前に早く引いちゃいなさい(はぁと)」
新八「は、はい(汗)(がさごそ)」
土方「26番か」
沖田「お通ちゃんグッズ~~~」
新八「え、入ってないって今! まさか、ドッキリ!?」
沖田「より、お通ちゃんカード厳選KIMシリーズ~~~」
新八「なんの嫌がらせですかぁぁぁぁぁっ!!」


晴太「やった、ビンゴだ!」
日輪「やったじゃない、晴太」
月詠「よぉーし、よくやった晴太。わかってるな、あの酒狙え」
晴太「そんなぁ!?」
土方「言っとくが、ガキが酒なんて当てても本人には渡さねーからな。保護者が預かれ」
月詠「わかった、わっちが責任持って預かるでありんす」
銀時「飲む気満々だ、お母さん銀行よりタチ悪ひでぶっ」
月詠「おらさっさと引けやぁ! さーけ!さーけ!」
日輪「いいところ見せるチャンスだよ、晴太」
晴太「うう、おいらが上がったのにー(がさごそ)」
土方「お、こいつは」
沖田「銅賞ですねぃ、ご愁傷様」
晴太「なんで!? いいのが当たったんじゃないの!?」
土方「まぁ待て。(目録取り出し)えー、松坂牛、有機野菜詰め合わせ、美顔器、空気清浄機、弁天堂DSの中から好きなのを選べ」
晴太「いいの?やったぁ! それじゃDS…」
沖田「ゲーム選ぶたぁ、やっぱお子さまだねぃ」
晴太「…んじゃ、松坂牛…」
神楽「おおおおおい! その牛は私が当てるネ、横取り許さないアルよ!」
晴太「…んじゃ、美顔器…」
日輪「それ私に送ったら殴るよ?」
晴太「…んじゃ、空気清浄機…」
近藤「あ、うちにいいなーって思ってたのに」
武市「貴方もですか。身近に喫煙者がいると、お互い大変ですね」
高杉「何が言いてぇ、武市」
土方「近藤さん、それ遠回しに俺にタバコ止めろってこと?」
晴太「わかったよ有機野菜で」
神楽「それも私のものネ!」
沖田「景品もらえんのは一人一回だけってさっき言っただろぃ、うさぎじゃなくて鳥頭かてめーは」
神楽「んだとぉ!」
新八「神楽ちゃん落ち着いて! ここで暴れちゃだめだよ!」
晴太「…って、おいら何選べばいいのぉ!?」
月詠「だから酒選べばいいんじゃい」
土方「だからそれ反則だっつってんだろ」

 結局DS選んでブーイング受けました。


山崎「わ、ビンゴきちゃった(汗)えーっと、どうごまかそう…」
近藤「あ、山崎それって!」
山崎「ちょ、言わないでくださいよ局長!」
沖田「へー山崎ビンゴなんだぁ」
土方「テメェ俺らのもちゃんとチェックしてんだろうな」
山崎「してます、してますってば!」
沖田「まぁ山崎だしなぁ。どうせトイレットペーパーとかだろぃ」
山崎「ホントになりそうで怖いですよ…(がさごそ)」
土方「…25番。高級オイルだ」
山崎「マジですかっ! これをたまさんに贈れば、本誌で現在進行形のお見合いもひょっとして……!」
沖田「カロリーオフの高級サラダオイルでさぁ」
山崎「紛らわしいわぁぁぁぁっ」
土方「あぁ? 何だって?」

 しばらくお待ちください。



全蔵「お、ビンゴだ」
沖田「へーい、くじ箱どうぞ。ちなみに何がいいですかぃ?」
全蔵「どうせボラギノールはないんだろ? だったら何引いたって同じさ(がさごそ)」
土方「……! こいつは…!」
沖田「はい金賞大当たりー(棒読み)」
全員「「「「なん…だと…?」」」」
銀時「おい、こんな序盤に金賞なんて出ていいのかよっ? やり直しを要求するー!」
全蔵「だが断る」
桂「見たかエリザベス。あれが無欲の勝利という奴だ」
沖田「ちなみに金賞は、西伊豆の温泉旅館宿泊券ペアチケットになりやーす」
全員「「「「なん…だと…?」
銀時「おい俺こないだお前にジャンプ貸してやったよな早売りのやつ!」
全蔵「んな覚えねーよ、悪かったな」
高杉「いいか、隙を見てひと思いに殺れ。決して証拠は残すなよ」
全蔵「おいおい命まで狙われんのかよ俺」
桂「そうか、我が党に入りたいのか。手土産まで頂けるとは申し訳ないが、だからと言って貴様ばかりをひいきにはせんぞ。皆等しく、日本の夜明けを目指す同志だ」
全蔵「もしもーし、俺一言もんなこと言ってねーよー。ついでにそこの眼帯のひとの殺気がめっちゃ怖いことになってんだけど」
妙「そんな…全蔵さん。私と一緒に行きたいだなんて」
近藤「だめですお妙さん! こんな胡散臭いやつとなんか! どうしてもと言うならこの愛のナイト近藤がお供しまべぶぅっ」
九兵衛「妙ちゃんが行くなら僕も行くぞ。温泉なんて一人で入らせられない、僕も入る」
さっちゃん「何私と行きたいの? だめよ私には銀さんがいるんだもの! そうだ、こうしましょう。私と銀さんと三人で行くの。もちろん自腹は全蔵ね」
月詠「日輪、こやつのぶすっ娘倶楽部のツケはいかほど溜まっている?」
日輪「残念ながらないのよねぇ。そうだ、今からあのコたち呼びましょうか」
西郷「呼ぶまでもないわよ。ねぇ全蔵ちゃぁん(はぁと)」
たま「キャサリン様は先ほどから何をなさっているのでしょうか」
キャサリン「コノ鍵っ娘きゃさりんニ盗メナイノハぽけっとニ入リキラナイモノダケダッテノニ…アノ男、隙ガナイ…!」
沖田「ずいぶんとモテモテですねぃ」
全蔵「別に嬉しくもなんともねーよ」


銀時「てかさー金賞で旅館のペアチケットなら、特賞は何なんだよ辰馬」
坂本「そろそろ発表してもいい頃かな。じゃじゃーん!なんと特賞は、大江戸ステファンランド一日フリーパス券ペアご招待だぁ!」
新八「……え、お泊まりじゃなく一日だけですか? しかも、ネズミーランドとかシーじゃなくて、ステファンランド? なんかすっごい微妙というか…」
神楽「ふっ。まだまだ甘いアルな新八」
新八「え、何が」
神楽「周りを見てみるネ」
新八「周り? ……!」

 その光景を、志村心八は後にこう語った。CPナインだって魔界の三すくみだって、ハンター協会会長の選挙だって、ここまで陰謀の空気が渦巻いてはいなかっただろうと。



                                   ~続く~
[PR]

by wakame81 | 2012-01-25 00:19 | 小説。  

<< びんご! 後編 第384訓&385訓。 >>