お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

324訓。

皆様、めちゃくちゃお久しぶりですスミマセン。仕事と貴族に負けてました。敬老の日が倒せません。何枚書いても何枚書いても贈る色紙が終わりません(古)。

ということで、いつの間にか土曜早売りジャンプが出てました。危なかった……!!

めだかボックス。
めだかちゃんと球磨川くんのやりとりを、紅桜高桂で変換したら愉快なことになりました。めだかちゃんは若いなぁ。
ところで。十二支にプラス1するなら、当然猫でしょう! それが由緒正しい十三支とゆーものでしょう! なんで「人」なんだぁぁぁ納得いかないぃぃぃぃ。


それより何より。
……空知せんせー、本気ですか? 〆切体勢が変わって、それまでもギリギリだったのがさらにデッドオアアライブで大変なことになってるんじゃないんですか? 夏休み返上してたんじゃなかったんですか???
なんであなたは、せっかくの休みをトレジャー選考はともかく読み切りに費やしてんですかぁぁぁ休んでくださいよぉぉぉ!!!(滝汗)








一週休載までネタにするのは最早予想通りなのですが。この展開は予想をハルカに斜め上にかっ飛ぶどころの話じゃなかったです。
なんかすっごい、どこかで見たような人になってる!! ていうか何自らヤムチャポジをとりにきているんですか!? 富士額っていうな中の人は堀川さんなんだぞーーー!!!(違)
いや、修行したにしたって、そのポジはどうなんだ……全国のヤムチャファンの皆さんすみませんヤムチャ大好きです(笑)。

そして神楽ちゃんは神楽さんになってました。
めっちゃいい女じゃないですか!! これも予想通りというか、期待に背かずというか!!
腰のくびれが色っぽいです、パジャマに着替えた直後の、下からの煽りの臀部からウェストへのラインがえろっぽいです、何より「速い……」と頬杖づいてるときのカットがめっちゃ色っぽい!! 金魂神楽さんもかくやのいい女っぷりですよ!!
……沖田に嫁にやるのは勿体ない。あれ、私沖田好きだったよね???

「二年後に、ジャボンディ諸島で」ちょうどリアルに巻末コメントで椎橋せんせーと新海せんせーがそうなってました。

定春……ていうかなんだコレ(笑)。ペットがオッサンなんて、我らが党首とおそろいじゃないですか。
と思ったら、オッサンじゃなかった(爆笑)。あぁ、お登勢さんたちまで!!

お妙さんはイボじゃなかった様子です。
一人で先頭を走る銀さんは、アニメ四期の後半のOPの、マイナーチェンジ前を思い出させます。あの時は、桂さんも高杉ももっさんもいたね。でも今だって、きっとひとりぼっちじゃないと思う。暗闇の中、姿は見えないけど、ところどころで桂さんやもっさんの足跡を見つけたりしてるんだと思う。きっと、高杉のも。
……という連想が憶えがあると思ったら、村田せんせーの漫画塾(だっけ?)の最終回でした。

ここにきて、まさか、まさかの公式近妙!!!
やった、おめでとう近藤さん!!! ツンが、99.99999999%を占めるツンが今やっと、でれる時が来たのです、おめでとう、おめでとう!!! それにしてもかつてないデレだ、恐ろしいほどデレだ!!!
勲さんの好きなモノはカレーライスなんですね、オッケー判った、Wカレーでネタにしてやろうじゃないか!!

んで、これって続いたんですよね? てことは、来週辺りバクダン落としに来てもおかしくないってことですよね??
党首は当然幸せなんでしょーーね!! たとえイボでも、いや渋いオッサンになってそうでドキドキする!!
銀さんがもう出てるってことは四六時中党首の側にいるわけではないわけで、沖田にもチャンスがあるわけで(二年経っても追いかけ回しているだけで満腹になれますおかわり)
いや、そこから引っ繰りかえしてくるのが銀桂の恐ろしいところでした。


===========================================

 考えてみたら、修行とか大好きな奴だった。
 転生の素質というものは当然桂にも備わっていて、それはたとえば周囲の状況を素早く感じ取る感覚の鋭さであったり、そこから最適の手を導き出す決断の早さであったりした。それに更に、鍛錬によって体裁きの早さとか瞬発力とか持久力とかを身につけられては敵うモノなどいない。
 「修行?何それ甘いの?」という態度でいた銀時もいつ追い抜かされるか、自分が足手まといになるか、冷や冷やしたもので、かといっていきなり熱血キャラに転向するわけにもいかずこっそりと鍛錬したこともあった。結局、銀時の強さは本番でこそ発揮されるもので、不安は杞憂に終わったモノだが、これについてはもう一人の幼なじみを実は笑える立場にないという後ろめたさがついて回ることになる。
 閑話休題。
 そんな、桂だからこそ。
「銀魂キャラ一丸となって、コミックス売り上げ下り坂っつー危機に立ち向かおうってときにお前が乗らないわけねーよなぁ……」
 生来のバカ真面目さと妙な責任感とで、きっと誰よりもイボを鍛えまくったに違いない。
「何か言ったか?」
 そう振り返られて銀時が眼にするのは、イヤというほど見慣れた白く凛々しい面立ちではない。いや、白いことは白いが妙に老け込み、眼鏡越しでも判るほど眼光のおとなしくなったオッサンの顔である。ちなみに「おとなしい」といってもそれは桂本人と比較してのことであって、Vシネマに出てきそうな男の強面は充分笑う子を泣かすレベルである。
「別に、なんでもねーよヅラ」
「ヅラじゃないイボラだ」
「だから何だってんだよそのゴジラだかモスラだかわかんねー名称。もうヅラでいーじゃん本体がヅラなんだからいーじゃん」
「それは違う。俺は仮にも、桂が目覚めるまでの代理を務めるイボ兄弟に過ぎんのだ。本体と同じ名称で呼ばれても困る」
 名というのは、大事なものなのだぞ。
 そういう口調は、同じなくせに。いや、口調だけではない。背格好も言動の電波具合も野良猫に頬を染めながらにじり寄る姿も、風にたなびく黒絹すら桂と同じだというのに。
 確かに、定春や他メンツのイボに比べたら、立ち振る舞いの凛々しさ故かあまりオッサンぽくはないし、オッサン臭だってしない。桂だっていずれはオッサンになるのだろうし、あまり想像してなかったものが目の前に現れただけなのかもしれない。
 けれど、ナニカが決定的に、桂ではないのだ。
 一緒にジジィになった時の桂は、たとえよぼよぼでも桂以外の何者でもなかったというのに。
「行くぞ、エリザベス」
 こちらも桂に付き合ってイボを鍛えまくったのだろう(ただしオッサンがオッサンに代わっても何も変化はない上にあの皮を被られたら更に判別のしようがない)愛しのペットを呼んで、自称イボラは背を向ける。そういやこれから会合だってさっき言っていたな。
 イボになっても攘夷活動に余念はない。運命共同体というのだから、さもあらん。だけれど。
「待てよ、ヅラ」
「痛っ。銀時何をする。というか、ヅラじゃないイボラだ」
「おめーを呼んでんじゃねーよ、振り向くな」
 無造作に掴んだ髪の先には、小さなヒトガタがくっついている。意識なくぶらさがっているそれは、普段からは想像がつかないほど頼りなげでちょっと力を入れるだけでも潰れそうで。
「……早く、目ぇ覚ませってんだバカヅラ」
 だから、触れることもせずにただ、そう呟くしかできなかった。


=========================================

「目覚める」云々を妄想したらこうなりました。銀桂、恐るべし……!!
[PR]

by wakame81 | 2010-09-19 00:58 | ジャンプ感想。  

<< なんだこの寒さ。 亀の歩みも3年。 >>