お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

月に叢雲

何とか無事に、入稿することができましたー。引っ越ししたばっかりなのに押しかけて、すみません印刷やさん。

東京シティならびにコタ誕のスペースも確定しました。

東5ホール、コ20aです。 ……小太郎のコですね?(痛)

詳しくは、またイベント前に告知出します-。

んで、その新刊です。
沖田+桂、全年齢対応。お値段300円となります。
沖桂in紅桜篇、のつもりが、それ以前のシーンに力入れすぎて、銀魂前半の沖田と桂さんみたいな話になりました。ちょうど、「花に嵐」がモンハン後からソウ編あたりまでの沖桂なので、ちょうどいいから対っぽくしてみました(笑)。
個別で読んでも、まったく支障はありませんです。

劇場版のネタバレを含みます。てか、劇場版描き下ろし場面を思いっきり載っけています。まだご覧になってない方は、ご注意ください。
サイト収録の「始まりの夜」をプロローグとして再録、「海の底の月を拾う:1」「」「」「」を沖田視点で
描き直し、収録してます。
リク小説の流用を快く承諾してくださったリク主サマ、ありがとうございます☆


続きに、サンプルー。多分、一番続きが気になるところ抜粋(笑)。







(二十四頁)

 倒れている男は、右肩から背中にかけてぱっくりと傷を開かせ、そこから青い月光に照らされた黒い血が裂かれた羽織と小袖とその下の橋に、染みを作り続けている。男が被っていただろう笠は紐を切られて無造作に投げ捨てられ、ざんばらな髪が散らばっている。
「……おい」
 いやまさか。短い髪に隠しきれない、青白い横顔に沖田は思わず首を振った。
 だって、そんなはずがない。髪だって短いし、だいいちアイツは自分よりもずっとすばしこいのだ。あんな奴に後れをとるなんて、そんなことがあるわけがない。
「かつら…、か?」
 それでも口は、自然とその名を呼んでいた。
 その途端、目の前の男とまなうらの後ろ姿がぴたりと重なる。もう一度頭を振って、抓ってやれそうな誰かを探して首を巡らして誰もいないのにため息をついて、それから視線を足下へと戻す。
「……桂」



===========================================


とりあえず、皆様の期待してるような展開にはならないと思う……(爆)。
[PR]

by wakame81 | 2010-06-05 23:11 | オフライン。  

<< 第311訓。 遅ればせながら「あおげば」レポート。 >>