お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

夜の女王のアリア:後

改めて設定発表しますと。

桂~打楽器専攻教職コース。沖田~晴れてトランペット専攻に決定。神楽と同じかペット科血を見るな(笑)。近藤~金管(チューバ)専攻、教職コース。土方~木管(クラリネット)コース。山崎~木管(ファゴット)コース。伊東~木管(オーボエ)コース。
みんないずれ松陽先生のゼミ生になりますが、桂、銀時、高杉は小さい頃からレッスン持ってもらってた。高校から坂本合流。
同じように、組めんつをレッスンしてたのが片栗虎。伊東も後から合流……いつからだろう。

ちなみにタイトルは、ソロコンテストでの沖田の選曲。モーツァルトのオペラ「魔笛」で同名曲二つあるうちの、有名な方です。
受験応援関係ないどころか呪っている……(汗)。






 思わずぽかんと口を開けっ放しにしてしまったのを、沖田は後から悔やんだ。救いなのは、皆が教室の前方を注視していてそんな沖田の顔など誰も見ていなかったことだ。
「それでは、試験に先立って幾つか説明をします」
 薄茶の髪の男は壇上に立つと、低くまろやかな声でまずそう言った。よく通る声だ。
「まず、受験番号の確認をします。この教室は、受験番号A101番からA150番までの人の、受験場所となります。各自、自分の受験番号を確認して、異なる場合は速やかに正しい教室へ移動してください」
 皆がざわざわと蠢く。そんな間違いする奴はまず受からねぇなぁという感想を抱く余裕も、沖田にはなかった。教室の向かって右隅、入り口付近にじっと立つ、その姿をただ見つめる。
「それでは次に、試験時間の説明をします。試験は、十時ちょうどからスタートします。試験時間は一時間半となり……」
 試験官の声が遠くなっていく。彼の姿は、後ろから二列めの沖田からは遠い。けれど、間違いない。
 背中で緩く束ねた黒く長い髪、整った白い顔立ち、すらりと立つ姿。
 土方が、気に食わないと呟いた男。
 近藤が、話してみるとびっくりだと困ったように笑った男。
(かつら。)
 もう一度、何度も聞いた名前を口の中で呟く。最初耳にした時は、ヅラか何かかと呆れたものだが、こうして本人を目の前にして言葉にすると、何かとてもきれいな、澄んだ弦のような音に聞こえる。
「それでは、まず解答用紙を配ります」
 その言葉を受けて、「かつら」(ともう一人の男)は動いた。腕に抱えていた紙を、一枚いちまい、前の席から順に配っていく。
 自分の運の強さを、これほど確信したことはない。沖田の席は真ん中から廊下に近い。はたして、目つきの悪い男ではなくきれいな黒髪の彼が、目の前の机に解答用紙を置く。
 堂々と、沖田はその顔を覗きこんだ。睫毛が長い。鼻筋がきれいだ。頬はほっそりとしていて、肌はやっぱり白くて、少し伏せた眼は不思議な色をしている。色素の薄い自分よりも、淡くて深みのある色だ。まるで金色、と呟いた声は、さっさと後ろに行ってしまった彼にはきっと届いてない。
 土方のバカヤローめ。まっさらのマークシートに眼を落としながら独りごちる。何が、顔は悪くない、だ。そんじょそこらの女優にも負けない、きれいな顔じゃないか。それともあれか、照れ隠しか。
 解答用紙を配り終えて、入り口あたりに戻った「かつら」をもう一度見つめる。
 パートは打楽器だと聞いた。あんな、細っこいのに? 打楽器はトライアングルや小太鼓だけの、かわいいものだけではない。低く唸る大太鼓やオケを黙らせるパワーを持つティンパニ、重たくて仕方ないシンバルも扱うのだ。それを、アイツが。
 今度は問題用紙が配られる。再び近づいた「かつら」の、手を穴があくほど見つめた。細くて白い、長い指をしている。人差し指だけがごつごつしてるのは、成る程打楽器パートらしい。が。
(脱いだら筋肉質とか?)
 鼠色のスーツに包んだ身は、とてもそうとは思えない。怪しくない程度にその姿を目で追ううちに、幾つかの説明を経て、試験は始まってしまった。
 こうなったら、うかつに眺めてはいられない。下手をしたらカンニング扱いだ。せめて、もう一度と鉛筆を顎に当てていると、いい案が浮かんできた。
 壇上から動かない試験官の代わりに、「かつら」(ともう一人)は教室中をゆっくりと歩いている。問題用紙に取り組むふりをしながらちらちらと様子を窺う。問い2、「」知るかそんなの。後で考えてやるから待ってろ。
 後ろから近づく気配を感じた。目つきの悪い男は教室の真ん中あたりを歩いている。タイミングを数えて、わざと予備の鉛筆を机から落とす。カラーンと高い音が、静まり返った教室に響いた。
「あぁ、動かないで下さい」
 さっと手を挙げた沖田に、試験官が答えた。試験中の落とし物は、自分で拾ってはいけない。
 ふわり、と空気が動く。優しい、いい匂いが鼻をくすぐる。沖田のすぐ右で、黒髪がしゃがみこむ。天井からのライトを浴びて、艶やかなリングがその髪に浮かんでいる。
 白い手が、机の上に鉛筆を置く。
「どうも」
 見上げる。目があった。きれいな瞳は何の表情もなく沖田を見据えて、何も言わずに側を離れた。
 できれば声を聞きたかった。残念。呟きながら、口端を持ち上げる。
 入学後の楽しみが一つ増えた。近藤たちにくっついていれば、自然会う機会は増えるだろう。どんな声だとか、どんな演奏をするのかとか、近藤を困らせ土方を苛立たせる理由だとか、そんなのはその時にでも知れればいい。
 さし当たって、受からなきゃな。
 これ以上ないほど、モチベーションが上がった。姉の笑顔と同じくらいに御利益があるかもしれない。
 自分の運の良さに、誰かに感謝したいくらいだった。


 31日は晴れ渡ったが、気温の低い日だった。さっきから風が止まない。吹き飛ばされるほど強くはないが、体温は確実に奪われていく。
 キャンパス正門の前のコンビニの中から、沖田は外を窺う。実技試験を終えた受験生は、寒さに身を竦ませて楽器ケースを抱えて出てきていた。それが途絶えたのは三十分近く前のことだ。
 駅から近いのはこっちだが、ひょっとしたら駐車場のある裏門から出たのだろうか。アイツが免許証など持ってないのは知っている。あの、のほほんとした教授が運転など、想像もつかないのだが。
「持ってねぇとは限らないし、他のヤツに乗っけてもらうっていうのもあるしなぁ」
 だとしたらとんだ待ちぼうけだ。近藤の誘いを蹴ってこんなところに二時間も立ちっぱなしで、その結果が空振りとは情けないにも程がある。ついでに腹も減ってきた。
 おでんを幾つか買って、外に出る。店の中でも物を食べていいのは、アメリカだったろうか。
「うーーー、さぶいっ」
 コンビニの旗も風に煽られて落ち着きがない。風の来ないところへ行きたかったが、そこだと門を見張れない。これで捕まえられなかったら明日覚えてろ土方のバカヤロー、と脳内で八つ当たりをすると、少し胸が空いた。
 熱いものを食べるのは苦手ではない。ぱぱっと食べ終え、また店内に戻る。体が冷えると起こる自然現象は決まっている。トイレに入ってまた出てきて、何度も読み返した雑誌に伸ばし、めくろうとした手を止めた。
 ラックに無理矢理押し込んで、コンビニを飛び出す。レジの店員から快適ではない視線が飛んだが、知ったことか。白いマフラーにイヤーマフに毛糸の帽子に、沖田以上にもこもこになった後ろ姿を追う。
「かーつらぁぁぁっ」
 叫べば足を止めて、振り返った。いつもは切れ長の瞳が、かすかに丸くなる。
「遅いんだよコノヤロー」
「何がだ。というか、何で沖田がここにいる」
 髪の毛ごとマフラーに巻き込んで、それでも長い髪は風に煽られる。顔下半分マフラーに突っ込んでいる声はくぐもって、いつもより柔らかく感じた。
「今年も、吉田先生の手伝いしてきたのかぃ」
 柳のような眉が寄せられた。質問に質問で返すという不躾だが、沖田、と低い声で名を呼んでから桂は口をつぐむ。
「もう帰りなんだろぃ。寒いから移動しやしょうぜ」
 答えを聞かずに側を通り過ぎて、三歩だけ前に出て振り返る。桂はため息をついただろうか。とりあえずここで立ち止まっていても仕方がないと判断したようだ。止めていた足を前に出す。
 並んで歩く。と言っても、いつも近藤達としているように肩の触れ合う近さではない。腕を伸ばせば届くだろう距離を取って、二人は駅への道を辿る。
「でも、ちょっと意外でしたぜ」
「何がだ」
「入試の手伝い、今年もしたんだろぃ。送ってもらうなり奢ってもらうなりすんのかと思ってた」
 むろん、そうだと確信してればここで待ち伏せなどしてはいないが。
「先生はまだ採点がある。高杉は、待つつもりらしいが」
 そういやいたなぁそんな目つきの悪いヤツ。
「アンタはいいんですかぃ」
「あぁ」
 それきり二人は黙り込んだ。バスの通る道を避けて、抜け道へと入る。辺りは住宅街で、この強風の中いい度胸とでもいうのか、軒先にぶら下がった洗濯物を何軒か見かけた。傾いた陽が長い影を作る。風の入り込まないのが、救いと言えば救いなのだろう。
「よく、判ったな」
 唐突に、桂が呟いた。聞き逃しかけて数歩進んで、は?と隣を見上げる。
「俺が今日大学にいると」
「判らいでか」
 にまっと笑いながら答えて、さてこの後どう続くだろうかと考え込んだ。あれから一年、深くはない付き合いがぽつぽつと点を辿るようにあって、桂が近藤を困らせたり土方を怒らせたりする理由が判るくらいには、彼を知った、と思う。
「あぁ、違うな」
 独り言のように言われる。こういう時の彼の声は嫌いではない。節をつけているわけでもないのに、まるで唄うようなのだ。
「よく、憶えていたな、だ」
 今度こそ沖田は立ち止まった。桂は待たない。すぐに我に返って小走りで追いかけた。今度は、さっきより少しだけ近い位置に。
「……気づいて?」
 まっすぐな目がこっちに向けられ、桂は小さく頷く。
「入試本番で、全部解答し終わったとはいえ居眠りする奴はそうはいないだろう」
「……ばれてたか」
 咎められることではないのに何故か罰が悪くなって、ごまかすように小さく舌を出す。それのどこがおかしかったというのか。とにかく。
 鋭い目を細めて、マフラーの奥で声をくぐもらせて、確かに桂は笑った。
 その顔が思いの外穏やかで。
「どうした?」
 首を傾げて尋ねられるまで足を止めてしまっていたことに気づかないほど、見惚れてしまった。また僅かに開いた距離、今度は桂は立ち止まって沖田を待ってくれている。その距離を埋めるのが訳もなく惜しくなって、わざと沖田は動かなかった。
「沖田?」
「……アンタ、この後暇ですかぃ」
 唐突な問いに、桂は不思議そうに目を瞬かせた。
「何だったらコーヒーでも奢りやすけど」
「何でだ」
 沖田は答えず、にやりと笑ってみせた。何かを企んでいる、と評される表情に、桂は落ち着かないように眉をひそめる。
「ちょっと、頼みたい事がありやして」
 言うと、桂は納得したように頷いた。
 実際に耳にしたことはないが、桂のピアノは定評がある。近藤の望みは三日前に断られてしまった。振り出しに戻ったソロコンサートの伴奏者問題を、ついでに片づけてしまうのはいい考えに思える。
 入試の日は沖田にとって吉日かもしれない。何せ、滅多に拝められないものを目にすることができたのだ。どうせ、坂田銀時や高杉や坂本あたりはしょっちゅう見ているだろうが、それは別に気にならなかった。
(レアモノってのも、悪くないもんだねぃ)
 触れられることが偶然だからこそ、それはきらきらした宝物になる。





                                         ~Fin~
[PR]

by wakame81 | 2010-01-31 19:38 | 小説:音大パロ  

<< 第294訓。 夜の女王のアリア:前 >>