お知らせ

●6月24日の東京シティに、桂さんお誕生日二日前企画のアンケート本を作ります。つきましては、皆様にアンケートをお願いします。名付けて、「銀魂キャラクターなりきりアンケート「ヅラに誕生日プレゼントを用意しよう」です、よろしくお願いしまーす。
●桂マイナーcpアンソロ、2011年6月シティのコタ誕で発行しました。
●アンソロ本文に、誤字を発見しました。
お取り替え、てか修正については こちら をごらんください。
今現在、修正関連のお知らせはhotmailには届いておりません。「送ったけどやぎさんに食べられたっぽいよ!」という方がいらっしゃいましたら、拍手か こちら までお願いします(爆)

星めぐりのうた

クロニクル新刊その2です。
なんと!「うたかた」の最上悠紀さんと合同誌ですよーーー!! えへんですよ、胸そらしちゃいますよ、もう有頂天ですよーーー!!!

「銀河鉄道の夜」をモチーフにした、リレー小説です。銀さんパートを悠紀さん、桂パートを若布が担当しています。
もう、めっちゃステキなお話になってます。感動です、幸せです、読んでて幸せになれる本にしてくださいました、悠紀さんが!! ん、若布パート? そんなん飾りですよ、偉い人も判っちゃうくらい飾りですよ!

純粋に銀桂100%です。オフでは初の、銀桂です。あ、でも若布パートが銀桂なのか自信ない(爆)

そういや、お値段決まってないや(爆)。続報をお待ちください-。
(10月7日追記)お値段決まりました。300円になりますー。

それと、以下サンプルとなります。







         Ⅰ



「そういうわけで、あさっての夜万事屋に集合アル! だんごと酢昆布忘れんじゃネーヨ!」
 客引きのバイト中、いきなり「ヅラーっ」と背後から飛びつかれ、前置きも何もなくそう命令された。押し潰されそうになっている主人を助け起こしてから、エリザベスはプラカードを掲げる。
『いったい何があるんですか』
「明後日、流星群が見られるんですよ」
 答えたのは、後から走ってきた新八だ。両膝に手をつき、ぜーはぜーはと荒い息を落ち着けようとしながら、まだ神楽を背中に張り付かせている桂に笑いかける。
「今のところ、天気も良さそうですし。もし良かったら、桂さんも一緒に」
「明後日の夜か。バイトがあるのだが」
「そんなの、ブッチしてこっち来ればいいネ! 私とバイトと、どっちが大事アルか!」
「うーん、それはかなりの難問だな」
 桂一人の生活費のためなら、断然神楽を優先する。たが、養わなくてはならないのは自分だけではないし、何より攘夷資金を捻出するためのバイトなのだ。以前なら、親しい個人より日本の夜明けの方を優先していた桂にとってこれでも最大限譲歩しているつもりなのだが、部下に厳しいリーダーはぷくーっと頬を膨らませてしがみつく腕に力を込めた。
「お前は誰の部下アルかっ、すれ違っただけの赤の他人にコビがふれて、私にはなんにもナシアルか?」
「ちょ、神楽ちゃんっ! 力ゆるめてあげて、桂さん白目むいてるよっ?」
『大丈夫ですか、桂さん』
 細くしなやかだけれどとても力強い腕から解放されて咳き込む桂の背中をエリザベスがさする。新八は、まだ口をへの字に曲げたままの神楽をたしなめてくれた。そんな四人を、人々はちょっと距離を取りながら通り過ぎていく。






         Ⅱ



 ぽかんと口をあけていた銀時が、やがて呆然と呟いた。
「なんでヅラが・・・。ってゆーか、ここはどこ、俺はだれ?」
「ヅラじゃない、桂だ。ここがどこだか俺も知らんが、お前は坂田銀時という名の志士で我攘夷党の主要メンバーだ」
 反射的にそう答えた声とていつもの力強さはどこにもなく、明らかにこの謎な状況に戸惑っているくせに、いかなる場合でも攘夷への勧誘を忘れないところが立派というか、いかにも桂らしくて、思わず銀時は怒ることも忘れて軽く噴出してしまった。
 噴出すのと同時に肩から力が抜けて、どうやら突然の出来事に無意識の内に身体が強張っていたことを知る。
(ナンか前にもこんなことあったような・・・)
 強い既視感に記憶を辿れば、思い出すのは攘夷戦争時代のことだ。
 大掛かりな作戦行動の直前や、危険地帯での夜営時。
 皆、緊張でぴりぴりしている中、桂はいつも己をペースを失わず、相変わらずのすっとぼけ発言を繰り返しては皆をどっと脱力させていたものだった。もっとも、緊張のピークにつまらぬことを平気で言うものだから、逆切れした高杉と斬り合いに発展しかけたことも一度や二度ではないが、それでも、そんな桂に銀時も他の仲間もどれ程救われたか知れない。
 こいつがこうやっていつもと変わらずに居るのだから大丈夫、と。
 桂が何か言う度に不思議な安心感に包まれて、そしていつも何とかなってきたのだ。
 単にバカなのか真の大器なのか未だに判じ難いし(多分単なるバカ)、普段は電波で頑固で、側に居られたらウザイばかりの存在なのだが。
(それでもやっぱり俺は…)
「どうだ? 自分が攘夷志士であることを思い出したか、銀時」
「おわっ」
[PR]

by wakame81 | 2009-10-01 23:40 | オフライン。  

<< ぐったりぐたり。 第176話。 >>